【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【47】ブムタン谷(ブータン・アジア)

bumthang_eye

ブムタン谷 ~ブータン~

ブータン人の暮らしから学ぶ幸せ!

ブータンの中央に位置する『ブムタン谷』(Bumthang Valley)は、国内でもひときわ素朴な地方です。生い茂る松林の谷間に、木造の伝統家屋が点在する風景は、まさに理想郷。ブータンでもっとも早く仏教が伝来した土地柄、信仰心が篤く、多くの寺院が点在しています。bumthangなかでも、王室が帰依しているお寺「クジェ・ラカン」(Kuje Lhakhang)は必見。チベット密教の開祖、パドマサンババ(Padmasambhava)の石窟や大きな歓喜仏は一見の価値ありです。

村人はとても明るく純粋。子どもたちの人懐こい笑顔を見ていると、幸せな気持ちになります。3000メートル級の峠を3つも越えて行かなければならない辺境ですが、「幸せの国」ブータンを感じるにはぜひ訪れていただきたい場所です。

ブータンについては、こちらの記事もどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓
【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【2】タクツァン僧院(ブータン・アジア)

ワンポイントアドバイス
短パンやひざ上のスカートでは寺院に入れないので、大判のストールなどを持って行くと便利です。

ブータンはどこに行っても治安がいいので、女性のひとり旅でも不安に感じることは少ないと思われます。
ブータンも近代化が少しずつではありますが、進んでいるので、素朴なブータンを堪能したい方はお早めに。

ブムタンへの行き方
ブータンへは、空路でブータン西部のパロ(Paro)から入国することができます。パロは、一番高いところで海抜約2200メートルあり、4900メートル級の山々に囲まれています。
首都ティンプー(Thimphu)まで車でおよそ1時間です。
日本から直行便はなく、バンコク経由がもっとも便利です。羽田からの場合は、深夜羽田発、早朝にバンコク乗換えで、翌朝にはブータン到着、という旅程が可能です。

国際空港であるパロからブムタン・パッパラタン空港(Batpalathang)へ国内線が飛んでいて、所要時間は約20分間。フライト中には上空からティンプー市街を一望したり、7000メートル級のヒマラヤ山脈を遠望できます。

車でパロからブムタンに行くと、通常片道約12時間かかります。

Bumthang

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る