【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【65】バンコクで見つけたわくわくデザート(タイ・アジア)

pumpin_eye

わくわくドキドキなデザート! ~タイ~

かぼちゃの中にプリン!

今回は、バンコクで見つけた、わくわくドキドキしちゃうデザートのご紹介です。

テーブルの上に丸い馬車のようなカボチャが乗っています。
中身はなんと、プリン!!

食べてみると、普段食べ慣れているプリンより東洋の雰囲気が漂います。

カボチャの中にプリン
食べる前にわくわくドキドキしちゃうでしょ?

pudding

このデザート、タイでは『サンカヤーファクトーン』(Sunkaya Fakthong)という名前なのですが、
サンカヤー」とはタイ語でカスタード、「ファクトーン」とはタイ語でカボチャの意味。
サンカヤーファクトーンは、伝統的なカボチャの蒸し菓子なのです。

作り方はいたってシンプル!
1つのカボチャの上部を切って種をとり、中にプリンになる卵、ココナッツシュガー、ココナッツミルクを溶いたものを注いで、そのまま蒸したもの。
蒸しあがって、中のプリンが固まるまで、40~50分ぐらいかかるんだとか。
できあがるまで、お鍋のフタを開けてはいけないんだそう。途中で開けるとカボチャが割れちゃうそうです。

カボチャの濃厚さと甘さに、カスタードプリンの甘さが加わって、食べ応え十分
プリンの部分と、周りのほこほこしたカボチャ。味も食感もそれぞれ異なり、1度で2度美味しい、何ともオトクなデザートです。

中にいれるカスタードの材料によって、甘さ加減がそれぞれ異なると思いますが、甘いもの好きな人にはたまらない一品ですよね
食感もつるっとしていて、つい食べ過ぎちゃいがちですが、基本ほとんどが炭水化物です

食べやすい、美味しいものにはご注意を!食べ過ぎて、後で後悔しないように気をつけてくださいね

pudding_2

こんなグルメが楽しめる、バンコク(Bangkok)(タイ・アジア)をぜひ訪れてみてください。

↓↓↓↓↓タイグルメに関する記事は、こんなものもあります!↓↓↓↓↓
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【16】タイのカレー(タイ・アジア) 
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【22】バンコクのエビ入り粥(タイ・アジア)
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【33】タイの美容食ソムタム(タイ・アジア)

プチ情報
タイには、デザートを売っている屋台をたくさん見かけます。
ここでは、屋台で見かける人気デザート5つご紹介しましょう。

【ナムケン・サイ】

nam kang sai

これは、タイでも人気!「かき氷」です。
タイでは削った氷に、マンゴーなどのフルーツやお菓子などのトッピング、またはシロップやコンデンスミルク、ココナッツミルクなどかけたりと、自分流に自由に選んで楽しみます。

【ロティ】

Roti

ロティ」はタイ風クレープ
小麦粉の生地を油で揚げ、中にバナナやチョコレート、練乳などの具を入れて包み折りたたんだスイーツです。
スイーツ系の他、カレーと一緒に食べる食事系のものもあります。

【カオニャオ・ムーン】

banana sticky rice

タイの定番スイーツのひとつに、ココナッツミルクで甘く柔らかく炊いたもち米を使ったものがあります。
その中でも、屋台の定番スイーツが「カオニャオ・ムーン」。
これは、お花や葉、ハーブなど植物由来の材料で色をつけたもち米に、いろいろなトッピングをのせて、バナナの葉で包んで蒸したスイーツです。
カオニャオ」とは、タイ語で「もち米」を表します。(カオ(お米)+ニャオ(粘りのある)=カオニャオ)
トッピングはいろいろありますが、おすすめはカスタード。甘いもち米とよく合います。

【クルアイ・ピン】

Grilled Bananas

これはタイでよく見かける屋台スーツの定番、「焼きバナナ」です。
クルアイ・ピン」の「クルアイ」とはタイ語で「バナナ」、「ピン」とはタイ語で「炙る」とか「網で焼く」という意味です。
日本では、バナナを焼くことはほとんどありませんが、タイではこの「焼きバナナ」はとても手軽なおやつとして人気です。
普通、焼きバナナ用に使われるのは、完熟する前のバナナで、焼くと渋みが甘みに変わります。

【カノムクロック】

kanomkrock

これも、タイの屋台では定番中の定番スイーツ「カノムクロック」です。
え?これがスイーツ??
そう思いますよね。だって、一見たこ焼き器にそっくりな焼き型で焼くんですから。

でも、味はたこ焼きとは全く異なります。
焼く生地は、とろりとした甘いココナッツミルクなんです。
片面だけを焼いた生地を、2つ重ねて食べるのがカノムクロックの食べ方。のせるだけでひっつけることはしません。
焼き色がついた皮はサックリ、香ばしく、トロっとしたココナッツミルクとその甘い香りが口の中に広がります。

屋台やお店によっては、中にネギコーンが入っているものもあり、ココナッツの甘さが口に広がった後、すぐにネギの匂いが混ざって、ちょっと不思議な感覚になるかも。
kanomkrock_2

↓↓↓↓↓ おいしい屋台スイーツが楽しめるバンコク タイ(Thai)(アジア↓↓↓↓↓

バンコク

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る