【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【37】イスタンブールのお菓子(トルコ・中近東/ヨーロッパ)

sweets_eye

イスタンブールでお菓子のルーツを感じる ~トルコ~

トルコ菓子に秘められた多彩なテクニック!

高い精糖技術を持ったアラビア人がペルシャを征服し、その技術を伝えました。お菓子はアラビアからといわれていて、その技術が伝えられた国の1つが「トルコ」(Turkey)でした。

トルコにお菓子屋さんが多いのには驚かされますが、それも当然といえば当然。お菓子を作るすべてのテクニックが、トルコのお菓子にあるのでは?と思われるほど多彩なのです。

イスタンブール(Istanbul)のお店で、お菓子のようなものを切っているのを見ました。生地は複雑に重ねられています。それは、紙のように薄く、バナーを塗りながら折り重ねられて焼かれたものです。そのままだと甘くないので、シロップをかけて食べるのですが、バターや香辛料の繊細な香りと口の中の感触に感心させられます。
そのお菓子は「バクラヴァ」(baklava)と言い、中東、西アジア、中央アジア、カフカース地方、バルカン半島で人気のある甘いペイストリーです。

baklava

バクラヴァ(baklava)

その他の伝統的なお菓子には、「ロクム」(lokum)、「カダユフ」(kadayif)「キュネフェ」(Kunefe)などがあります。

ロクム(lokum)

砂糖にデンプンとナッツ(クルミ、ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ココナッツ)を加えて作る、トルコのお菓子。英語ではターキッシュ・ディライト(Turkish delight、「トルコのよろこび」)と呼ばれています。食感は柔らかく弾力があり、日本のゆべしに似ています。

ロクム(lokum)

ロクム(lokum)

カダユフ(カダイフ)(kadayif)

トルコ南東部で特に有名な伝統的なお菓子で、カダユフ(カダイユ)という極細の麺状の生地から作ります。トルコのスイーツ屋さんや、レストランのデザートにも必ずあるポピュラーなお菓子です。

カダユフ(カダイフ)(kadayif)

カダユフ(カダイフ)(kadayif)

キュネフェ(kunefe)

東地中海地方の伝統料理で、カダユフにチーズを挟んで作る、温かいスイーツ。
フランス料理などでは、カダユフを魚介類に巻いて揚げたりもしますが、トルコでは大抵スイーツで使われています。

キュネフェ(kunefe)

キュネフェ(kunefe)

トルコの綿菓子などは、トルコだけでなく中東共通のお菓子ですが、トルコがお菓子の先駆的な役割を果たしました。10世紀、専門職人がいるお菓子屋さんでは、実に洗練されたお菓子が作られていたようです。

こんなグルメが楽しめる、イスタンブール(トルコ)をぜひ訪れてみてください。

プチ情報
何年か前、日本で一大ブームを巻き起こした「トルコアイス」を覚えていますか?
そうです、あの「伸び~るアイス」です。

トルコアイス(dondurma)

トルコアイス(dondurma)

トルコアイスの正式名は「ドンドゥルマ」(またはドンドルマ)(dondurma)といい、トルコ語で「凍らせたもの」の意味です。トルコでは各種アイスクリーム、氷菓全般を表します。一般的なアイスクリームに似ていますが、粘りがあることが特徴です。

イスタンブールの観光スポット「ブルーモスク」

イスタンブールの観光スポット「ブルーモスク」

↓↓↓↓↓ ブルーモスクのあるイスタンブール(Istanbul)(トルコ)↓↓↓↓↓

イスタンブール

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る