この夏 絶対に行きたい!日本の花火大会2016【保存版】

Wakura

今年もいよいよ夏本番を迎え、海水浴や盆踊りなどと共に、夏のイベントとして定着した花火大会の季節となりました。

毎年この暑い時期になると、全国各地でさまざまな花火大会が開催され、浴衣姿のカップルのデートスポットとして、また家族連れでのお出かけなど、多くの人を楽しませています。

2016年も日本各地で本格的な花火大会シーズンに突入!!

ということで今日は、日本を代表する有名な花火大会から、知る人ぞ知る美しい花火大会まで、この夏 絶対に行きたい!日本の花火大会2016【保存版】をご紹介します!

#1 世界遺産と日本三景が同時に見られる『宮島水中花火大会』

Miyajima出典:wondertrip

広島県・瀬戸内海に浮かぶ日本三景・宮島で、世界遺産・厳島神社の鳥居が影絵のように映える花火大会。
日本三景と世界遺産が同時に見られる花火大会なんて、滅多に体験できることじゃありませんよね。

公式サイト:宮島水中花火大会

#2 クリスマスイルミネーションとの調和『お台場レインボー花火大会』

Odaiba出典:wondertrip

これは冬のクリスマスシーズンに打ち上げられる花火大会なんです。花火を冬に見る機会はなかなかない、しかも場所はお台場・・・ということでともて人気の花火大会です。1年の最後にロマンティックな想い出作りをしてみませんか。

Wikipedia:お台場レインボー花火大会

#3 水都、大阪の最大規模を誇る『なにわ淀川花火大会』

Osaka
出典:wondertrip

「なにわ淀川花火大会」は、大阪の夏の風物詩として最大の規模と人気を誇ります。水都大阪の花火大会だけあって、エンターテイメントを極めた演出がいっぱいです。

公式サイト:なにわ淀川花火大会

#4 多摩川の夏の風物詩『世田谷区たまがわ花火大会』

Tamagawa
出典:wondertrip

東京・多摩川で開かれる花火大会で、通称「二子玉川花火大会」と呼ばれています。すっかり多摩川の夏の風物詩となったこの花火大会は、毎年テーマに沿った趣向が凝らされています。多摩川の流れに映える美しい七色花火を眺めながら、終夏の風を感じてみませんか?

公式サイト:世田谷区たまがわ花火大会

#5 横浜・みなとみらいの夜景を彩る『神奈川新聞花火大会』

Yokohama
出典:wondertrip

横浜の臨港パーク前の海上で開かれる花火大会で、正式名は「神奈川新聞花火大会」。『みなとみらい』の夜景を華やかに彩る花火大会で、関東最大級と言われる直径480mの2尺玉が見どころのひとつ。横浜の夜景と花火。。。これ以上ないロマンティックな組合せではないですか?

公式サイト:神奈川新聞花火大会

いかがですか?
夏はやっぱり花火大会ですよね。でも、お台場のクリスマスシーズンに開催される花火大会もステキ♡
日本には絶対に行きたい!って思える花火大会がまだまだあります。

他の花火大会の情報も知りたい方は
wondertrip
で確認してみてくださいね。

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る