【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】49.地下に眠る古代文明 アステカ(メキシコ・中南米)【動画あり】

zocalo_eye

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ(Historic Centre of Mexico City and Xochimilco) ~メキシコ~

偶然発見された世界遺産!

メキシコ(Mexico)の首都で、ラテンアメリカを代表する大都市の1つ「メキシコシティ」(Mexico City)。
メキシコシティ歴史地区とソチミルコ』(Historic Centre of Mexico City and Xochimilco)は、メキシコシティにある行政区の一つである「ソチミルコ」と、メキシコシティの地下に眠る古代文明の遺跡から成る世界遺産です。

xochimilco_eye

14世紀、広大なテスココ湖(Lake Texcoco)の真ん中に島をつくり、湖岸とは数本の道路で結んだ水上都市を築きました。それが、高度な文明をもつ「アステカ帝国」(Azteca)の都「テノチティトラン」(Tenochtitlan)です。

Tenochtitlan

16世紀に王国を征服したスペイン人は、アステカの大神殿や宮殿を壊して、その跡に大聖堂などを建て、中央広場「ソカロ」(zocalo)(「基礎」という意味があります)を中心に基盤目状の都市を築きます。湖は干拓され、陸地に。それが今の「メキシコシティ」です。

1978年の大聖堂の工事中、偶然にも1枚岩の円盤と神殿跡が発見されるまでは、アステカ帝国の都として発展していた場所だったということは誰も知らなかったのです。
そうです、アステカの都は工事中に偶然発見されたものなのです

その後の発掘でアステカ文明の「大神殿」が姿を現し、失われたアステカ帝国の文化が地上に復活することになったのです。

chinampas

郊外の「ソチミルコ」(Xochimilco)は当時の湖の名残で、人口の浮島「チナンパ」(Chinampa)には独創的な農耕法が今も残ります。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「メキシコシティ(メキシコ)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
スペイン人コルテスが、テノチティトランに至ったのが1519年。最盛期にあった「アステカ帝国」が、そのわずか2年後に滅んだ背景には、闇の神に追われた白い肌を持つ神が、国を治めるために戻ってくるという予言があったと言われています。
アステカ帝国はスペインによって滅ぼされましたが、その後の顛末は彼らの予言通りでした。
実は、太陽の石は2012年の冬至付近で記録が途絶えているそうで、そのため世界の終末を憂える人もいるそうです。

メキシコシティ

関連記事

  1. Glengorm_eye

    2018-2-22

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】20. 古城の宿 ~Glengorm Castle・スコットランド~

    【可笑しなホテル】シリーズ、最後にご紹介する20軒めのホテルは古城。 スコットランドの北西、マル島(…
  2. Nara_eye3

    2018-2-20

    『奈良公園』野生の鹿を見に行こう!観光スポットや見所をご紹介!(奈良県)

    「奈良」といえば何を思い出しますか?今回は「神様のお使い」とも言われる「鹿」が 1,000頭以上も暮…
  3. Yuzuruha_eye

    2018-2-19

    連覇!金メダルおめでとう!!羽生結弦さんファンの聖地『弓弦羽神社』(ゆづるはじんじゃ)ゆづ丸も大喜び!(兵庫県)

    羽生結弦さん、金メダルおめでとうございます!しかもソチからの連覇です!!ここでは、今回たくさん紹介さ…

ピックアップ記事

  1. Nara_eye3
  2. Kakslauttanen_eye
  3. Tennojizoo_eye

注目記事

  1. Yuzuruha_eye

    2018-2-19

    連覇!金メダルおめでとう!!羽生結弦さんファンの聖地『弓弦羽神社』(ゆづるはじんじゃ)ゆづ丸も大喜び!(兵庫県)

  2. michinoeki_eye5

    2018-2-11

    一度は訪れたい!関西の人気『道の駅』おすすめ7選!温泉やグルメ情報満載!番外編

  3. Miramira_eye

    2018-2-9

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】17. 地下洞窟ホテル ~Mira Mira, The Cave House・オーストラリア~

ページ上部へ戻る