【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】58.マオリ族の聖地 トンガリロ国立公園(ニュージーランド・オセアニア)【動画あり】

TongariroNationalPark_eye

トンガリロ国立公園(Tongariro National Park) ~ニュージーランド~

幻想的かつ鮮やかなコントラスト!

トンガリロ国立公園』(Tongariro National Park)は、雪を頂く北島最高峰のルアペフ(Mount Ruapehu)(2797メートル)、ナウルホエ(Mount Ngauruhoe)(2291メートル)、トンガリロ(Mount Tongariro)(1978メートル)の三峰からなります。
この三火山は今も活動を続けていて、噴火口や溶岩流跡など火山特有の風景が広がり、エメラルド色に輝く火口湖が点在しています。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのモルドールのロケ地としても有名で、ナウルホエ山は「滅びの山」の撮影が行われたロケ地となっています。

Tongariro

国立公園を楽しむには、まず「ルアペフ」へ。スキー用のリフトで標高2000メートルまで行け、脚力に自信がある人は、そこからさらに火口があるルアペフ山頂まで約2時間の登山となります。

Mount Ruapehu

1日かけるなら、誰でも歩けるアッパータマ湖(UpperTama Lake)へのトランピング(日本でいうトレッキング、tramping)がおすすめです
溶岩だらけの山道を3時間くらい歩くと、紺碧に透き通った「ニュージーランドの摩周湖」とも思える「アッパータマ湖」の湖水が見えてきます。標高は1314メートル。後ろには、富士山を一回り小さくした感じで、形がよく似ている「ニュージーランドの富士」と呼ばれる「ナウルホエ」がそびえます。

Mount Ngauruhoe

その名の通り、美しい色の湖水をたたえたエメラルドレイク(Emerald Lake)や、ブルーレイク(Blue Lake)を訪れるトンガリロ・アルパイン・クロッシング(Tongariro Alpine Crossing)の方が有名ですが、こちらだと7~8時間かかるため、脚に自信のある方でないとちょっとしんどいかもしれません。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「トンガリロ国立公園(ニュージーランド)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
トンガリロ・アルパイン・クロッシング
(Tongariro Alpine Crossing)は、年間25万人ものトレッキング愛好家が訪れる、1日トレッキングの王道です。火山活動の活発な一帯にあるので、クレーターや岩の砂漠、エメラルドグリーンの湖などが作り出す独特な世界を歩きます。

Emerald Lakes

マンガテポポハット渓谷を出発、約1時間半のトレッキングでソーダースプリングスに到着します。
それから、溶岩によって作り出された急斜面を登ります。ナウルホエ山への登山ルートとの分岐点のサドル(鞍部)を通り、なだらかなサウスクレーターを通り過ぎると、まるで月面に着陸したかのような景色が広がります。
リッジを登り切ると、トレッキングコースの最高地点であるレッドクレーターに到着。硫黄の匂いと蒸気が上がっています。ここからの景色は圧巻です。

Red Crator後ろには、「ニュージーランドの富士」ことナウルホエレッドクレーターセントラルクレーターがそびえ立ちます。
ブルーレイクを過ぎて からはロトアイラ湖タウポ湖の絶景を見下ろしながらの下山道を歩きます。
蒸気を吹き上げる勇猛な景色のケティタヒスプリングを越えると、トレッキングコースの終了です。

いかがですか?
なかなか体験できない景色を見ることができそうですが、やはり健脚向きのコースのようです

トンガリロ国立公園

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る