必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】10. 木箱の宿 ~Hapuku Lodge・ニュージーランド~

5つの小屋には、それぞれニュージーランドの島の
名前がつけられています。

小屋を巣のように取り巻くマヌカの木は、
良質なハチミツの密源として知られ、
かすかな甘い匂いを振りまいています。

Hapuku_1

頑丈な木の階段を登って、
地上10メートルのロッジの入口へ・・・
中は、広々としたワンルーム。
風の通りがよく爽やかで、窓の向こうに
カイコウラ山脈が広がっています。
反対側の窓からは、真っ青な海が見渡せます。

すぐ下では、シカの群れが草を食んでいます。
ここは1990年代半ばにシカ園として始まりました。

Hapuku_4

旅を楽しむための快適空間

室内はきれいにまとめられ、品がよく、快適です。
オリジナル家具もあり、セコイアの枝など、自然の造形
そのままの素朴な質感が生かされています。

部屋の居心地の良さは、部屋中に行き届いた
オーナーの気配りによるもの。
 DVDプレーヤーとフラットモニタ、
iPodとボーズのスピーカー、そしてインターネット回線。
清潔に磨かれた最新式のジャグジーとふわふわのタオル、
フクロギツネの毛皮の毛布、床暖房に鋳物の薪ストーブ・・・。
Hapuku_5

まさに設備は至れり尽くせりです。
とりわけ、ベッドにこだわりが発揮されています。
オーナーは「理想のマットレス」を世界中を探したのですが、
望みのものが存在しないとわかると、
抗アレルギー性ラテックスとウールでできた
このロッジだけのためのマットレスをつくってしまったのです。

他にも、カーペットは中東とインドから、
オリジナル家具の木材は国内産のほか、カリフォルニアとタスマニアから、
シカの鳴き声を遮断する二重ガラスはドイツから、
それぞれ取り寄せています。

ページ:
1

2

3

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る