必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】16. トランク・ホテル ~Koffterhotel・ドイツ~

Kofferhotel_eye

今回ご紹介するのは、『トランク・ホテル』(Koffterhotel)。
ドイツ中部の小さな村「ルンツェナウ」の道端に、
ぽつんと置かれている巨大なトランクがホテルなんです。

道路からもよく見えるので、ときどき車を降りて
その正体を確かめる人もいるそうです。

バックパッカー向け”寝台列車”

この『トランク・ホテル』。
お世辞にも広いとは言えませんが、「トランク」は
しっかり必要を満たしています。

2団ベッドと、駅で使われていたロッカーの整理棚。
その脇に洗面台、トイレがあります。
ちなみに、壁には「最大積載量1600kg」の文字があります。

Kofferhotel_2

寝台に上がり寝そべってみると、思いのほか快適です。
ただ、星空模様の天井は低く、座ることはできません。
ということは、つまり”宿泊中”、「トランク」の中では
横になるしかないのです。
壁にはいろいろな落書きが・・・宿泊客の落書きかと思いきや、
よく見ると、あれこれ書きつけられた文字は、
『トランク・ホテル』オーナーの温かな気配りへの感謝の言葉です。

なかには、「ここはいいところだな」という簡潔にして、的を得たひとことも。
寝つけないお客さんがいると、オーナーが安らかな眠りにつける本を
届けてくれたりするそうです。

Kofferhotel_3

朝になると、オーナーが外の芝生の上に手摘みの花を飾った
ささやかな朝食テーブルを用意します。
食器には、鉄道専門の食事サービス会社「ミトロバ」のロゴ。
庭のすぐ先をムルデ川が流れ、木々から鳥のさえずりが聞こえます。

トランクの生みの親は鉄道マン

トランク・ホテル』の生みの親であるオーナーは、
ドイツ連邦鉄道に勤める人です。
彼は、ルンツェナウ村の発明家として知られ、
奇妙でユーモラスなモノをたくさん作ってきました。
そして、彼が考えた珍しく実用的なモノが『トランク・ホテル』でした。

ページ:

1

2

関連記事

  1. Glengorm_eye

    2018-2-22

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】20. 古城の宿 ~Glengorm Castle・スコットランド~

    【可笑しなホテル】シリーズ、最後にご紹介する20軒めのホテルは古城。 スコットランドの北西、マル島(…
  2. Nara_eye3

    2018-2-20

    『奈良公園』野生の鹿を見に行こう!観光スポットや見所をご紹介!(奈良県)

    「奈良」といえば何を思い出しますか?今回は「神様のお使い」とも言われる「鹿」が 1,000頭以上も暮…
  3. Yuzuruha_eye

    2018-2-19

    連覇!金メダルおめでとう!!羽生結弦さんファンの聖地『弓弦羽神社』(ゆづるはじんじゃ)ゆづ丸も大喜び!(兵庫県)

    羽生結弦さん、金メダルおめでとうございます!しかもソチからの連覇です!!ここでは、今回たくさん紹介さ…

ピックアップ記事

  1. Nara_eye3
  2. Kakslauttanen_eye
  3. Tennojizoo_eye

注目記事

  1. Yuzuruha_eye

    2018-2-19

    連覇!金メダルおめでとう!!羽生結弦さんファンの聖地『弓弦羽神社』(ゆづるはじんじゃ)ゆづ丸も大喜び!(兵庫県)

  2. michinoeki_eye5

    2018-2-11

    一度は訪れたい!関西の人気『道の駅』おすすめ7選!温泉やグルメ情報満載!番外編

  3. Miramira_eye

    2018-2-9

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】17. 地下洞窟ホテル ~Mira Mira, The Cave House・オーストラリア~

ページ上部へ戻る