【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】66.ラパヌイ国立公園(イースター島・チリ)

moai

『ラパヌイ国立公園』は、チリの本土から太平洋へ西に約3,700キロメートル沖に浮かぶイースター島にあるチリの国立公園で、南太平洋に浮かぶ絶海の孤島です。「ラパヌイ」とは現地語で「大地」を意味しています。

moai2

「モアイ像」は、ポリネシア系住民が10~16世紀も、祖先を崇拝して村を守るために祭壇アフに建てた像だと言われています。高さは4~20メートル、重さは20~200トン。像の多くは海を背に、集落がある内陸の方向を向いて立ち並んでいます。16~17世紀には部族間の争いで倒され、霊力が宿るとされる目が取り外されました。

moai4

「アナケナ」には赤い帽子のようなプカオをかぶったモアイが並び、夕陽が美しい「アフアキビ」では7体のモアイが珍しく海を向いています。

moai3

モアイの製造所だった石切り場の「ラノララク」は火口湖跡で、モアイ400体ほどが造りかけのまま放置されています。なお、モアイ像は目の部分に綱をつけて「像の右側を前に進めたら、次に左側」というふうにゆっくりとひきずりながら、各地のアフに運ばれたとも言われています。

世界の七不思議と呼ばれるモアイ像ですが、なぜそこに造られたのか本当の理由は未だわかっていないという神秘的なものでもあります。

イースター島

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る