【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】26. 10000本の花桃が輝く桃源郷(阿智村・長野県)

Achi_eye

南信州にあらわれる桃源郷!

4月中旬から5月中旬にかけて、南信州の阿智村(あちむら)(長野県)一帯が
桃源郷」へと変化します。
伊那谷~木曽谷を結ぶ国道256号線は「はなもも街道」と
呼ばれ、約40キロメートルにわたり10,000本の花桃が植えられていて、
春限定の美しいドライブコースとして人気です。

この美しい光景の始まりは、なんと大正時代までさかのぼります。
当時の木曽発電の社長が自らの名前(福沢桃介さん)との親近感や
花の美しさに魅せられて、3本の花桃をドイツから持ち帰ったことから始まりました。

福沢さんが持ち帰った華やかな花桃の魅力は、どんどん多くの人の心を捉えていき、
南木曽から妻籠の国道256線沿線、阿智村清内路、園原へと広がり増え続けています。

ところで、「花桃」とはどんな花がご存じですか?

hanamomo

花桃」は、鑑賞用としてつくられた桃で、阿智村には紅白、そしてピンク
さらに1本の木に3色の花をつける「三色花桃」ものなど種類が多く、
みんな競い合うように咲いています。
桜のあとの4月中旬から5月中旬に開花するので、
桜・花桃と長期間にわたって美しい花が楽しめます。

阿智村の標高800メートルの川岸は、ちょうどゴールデンウイークの頃が盛りとなります。
毎年その時期、4月中旬から5月上旬にかけて園原にある月川温泉の『花桃の里』で
花桃まつり」が開催されます。
標高750〜1000メートル、約4キロメートルの道のりに渡る会場には、
5000本の赤、白、ピンクの3色の花桃が咲き誇り、ずっと続くグラデーションは圧巻の一言です。
花桃まつり期間中は、地元農産物や加工品などが販売されます。
また、まつりの期間中は、一部で18:00~22:00ごろまで、夜間ライトアップが行われます。
日中とはまた異なる、夜の世界を彩る花桃も楽しめます

Achi_2この季節を楽しみにする人は多く、静かな里はどこもかしこも、
むせ返るような色に染まります。
しかし、もしかしたら本当の主役は花桃ではなく、真ん中を
流れる本谷川かもしれません。
この清流があってこそ、絵画のような「桃源郷」は完成するのです。

こんな美しい花が楽しめる長野県阿智村の花桃の里を、ぜひ訪れてみてください。

Achi_1

★『花桃の里』の住所、行き方・アクセス、開花時期、公式ホームページなど

  • 住所:長野県下伊那郡阿智村智里戸沢
  • アクセス:
    【車】園原ICから車で約5分 
    【車】飯田山本ICから車で約25分 
    【公共交通機関】JR飯田線飯田駅からバスで40分(⇒タクシーで約10分)
  • 花桃の開花時期:例年4月中旬~5月中旬
  • 電話番号:0265-43-3001(阿智昼神観光局)、0265-48-5750(花桃ガイダンス)
  • 公式ホームページ:日本一の花桃の里 (昼神温泉観光局 )
はなもも街道

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る