【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

tooruma_eye

2/365の奇跡!

この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。

洞窟は、高知県土佐清水市の「足摺岬」先端から約3キロメートルのところにある
おおどトンボ公園」から鑑賞できます。
海蝕でできた洞門は、長さ約80メートル、幅約4メートル。
この洞門を、真西へと沈みゆく夕陽の光が奇跡的にすり抜け、
黄金色に輝く一条の光がスーッと貫く、神秘的な大自然の奇跡ともいうべき光景。

tooruma

この現象は「トオルマの夕日」と呼ばれます。

しか~し!!
この美しい瞬間を見るのは、とても難しいのです。
見ることのできるチャンスは、春分の日秋分の日を中心とした前後4日程度だけ。
つまり、1年のうち、たった2回しかチャンスがないことから、
いつの頃からか「365分の2の奇跡」と呼ばれるようになりました。

まず、絶対条件は「晴れること
天候の良い日没にしか見ることができません。
さらに、足摺岬といえば、日本有数の台風上陸地で、波も高いことで知られます。
それでも、展望地には、鑑賞できる時期になると、
県外からも見物の人たちがゾロゾロと集まってきます。
鑑賞場所は、県道27号線沿い、足摺岬から約3キロメートルのところにある
おおどトンボ公園」。

見えても見えなくても、みんなは笑顔、笑顔・・・
足摺岬までやってきたこと自体が、楽しいからに他ありません。

夕景の足摺岬

夕景の足摺岬

足摺岬」は四国の最南端にあり、白山洞門、唐人駄場、巨石群など、
よく知られているパワースポットがたくさんありますが、
この「トオルマの夕日」も自然の神秘が感じられる現象です。

そして、このような現象は、世界でもここ足摺
マヤ遺跡(ククルカン)だけだと言われているそうです

トオルマの夕日」が見られる、洞窟の長さは約80メートル。
地元の漁師さんが調査したところ、この洞窟は直線ではなかったそうです。
つまり、洞窟自体は途中で折れ曲がっているのに、光はまっすぐに差し込むのです

海面の反射による屈折なのか、もしくは他に何かこの現象が起こる理由があるのか。。。
しかも、「トオルマの夕日」を見ることができるのは、
太陽が真西に沈む、春分の日と秋分の日の年に2回だけ
というのは、ほとんど神がかっていませんか?

でも、大自然が織りなす神秘については、理由なんて必要ないのかもしれませんね。
odo park

トオルマの夕日」の鑑賞スポットである「おおどトンボ公園」は、
公園名の通りトンボの繁殖を目的とした池があるほか、
花壇や休憩所なども整備されていて、季節の花々と太平洋が一望できる、癒しのスポットとなっています。

ぜひ足摺岬を訪れて、大自然の神秘を体験してみてください。

足摺岬

足摺岬


★『おおどトンボ公園』の住所、行き方・アクセス、『トオルマの夕日』公式ホームページなど

  • 住所:高知県土佐清水市足摺岬
  • アクセス:
    ☆ 高知自動車道 四万十町中央ICから、車で約1時間45分
    ☆ 土佐くろしお鉄道「中村駅」から高知西南交通バスで約1時間30分、バス停「大戸」下車後、徒歩ですぐ。
  • 料金:無料
  • 休日:なし
  • トオルマの夕日が見れるチャンス:春分の日と秋分の日を中心とした前後4日程度(年2回)
  • 公式ホームページ:トオルマの夕日 (よさこいネット)
おおどトンボ公園

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る