【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

kitsune_eye

再現されるきつねの嫁入り行列!

古い民家が今も残る飛騨古川で、この地に伝わるおとぎ話「きつねの嫁入り物語」を
再現したお祭り、『きつね火まつり』が行われます。
この日、飛騨古川は「おとぎの世界」に包まれます。
それは、夢か現か幻か・・・

きつねの火まつり』の基になった、飛騨古川に伝わるおとぎ話とは、
狐神の息子のもとに器量が良い娘が嫁入りした、という民話なんです。

主役はなんといっても、幻想的な嫁入り行列
嫁入り行列は、総勢約80名にもなります。
花嫁と花婿は毎年公募されるのですが、それは現実の婚礼であり、
実際に入籍もするものです。
そう、実際にご結婚される2人が、この行列に参加することができるのです。
世界にひとつだけの、特別な結婚式を挙げることができるなんて素敵ですよね。

松明の灯りを揺らしながら、白無垢姿の花嫁は、
稲穂をくわえ、両手を丸めて見事に妖艶なキツネに成りきります。
鼻にちょこんと紅をつけ、白髭3本のキツネメイクもかわいいのですが、
後ろにはちゃんと白いしっぽまでつけているんです。

保障がありませんが、行列を見た人には良縁が訪れるというのもいいですよね。
さらに、大勢の観光客は、花嫁と同じキツネメイクを無料でしてもらえます。
地域住民の方々もキツネに変身、辺りは幻想的な雰囲気に包まれます。

kitsune_2

夜も更け、あたりが漆黒の闇に包まれると、松明の明かりがゆらめきます。
きつね火まつり」の行列が街の中を静かに進み出し、その後、
花嫁と花婿は婚礼の儀が催される会場、まつり広場へと向かいます。

kitsune_1

きつねの嫁入りを見た人には、「五穀豊穣」や「家内安全」、「商売繁盛」などの
願いが叶えられるということもあり、祭り当日には沿道や広場には
多くの人であふれます。

きつね火まつり」では、飛騨古川に古くから伝わるおとぎ話が今に蘇る夜に、
まるでその1ページを切り取ったような光景が繰り広げられ、不思議な雰囲気が漂います。

あなたもぜひ飛騨古川を訪れて、キツネに化けてみませんか。

kitsune_3

★『きつね火まつり』の住所、行き方・アクセス、開催日、公式ホームページなど

  • 住所:岐阜県飛騨市古川町殿町
  • アクセス:JR高山線「飛騨古川駅」から徒歩5分
  • 開催日:毎年9月第4土曜日
  • 行事の予定時間:
    御蔵稲荷神社例祭 >> 13:00~14:00
    狐組街廻り >> 14:00~16:00
    嫁入り行列 >> 18:30~20:00
    婚礼の儀 >> 20:00~20:40
  • 電話番号:0577-74-1192(一般社団法人飛騨市観光協会)
  • 公式ホームページ:飛騨古川きつね火まつり (飛騨市公式観光サイト)
飛騨古川駅

関連記事

ピックアップ記事

  1. Nara_eye3
  2. Kakslauttanen_eye
  3. Tennojizoo_eye

注目記事

  1. Yuzuruha_eye

    2018-2-19

    連覇!金メダルおめでとう!!羽生結弦さんファンの聖地『弓弦羽神社』(ゆづるはじんじゃ)ゆづ丸も大喜び!(兵庫県)

  2. michinoeki_eye5

    2018-2-11

    一度は訪れたい!関西の人気『道の駅』!温泉やグルメ情報満載 番外編 7選!

  3. Miramira_eye

    2018-2-9

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】17. 地下洞窟ホテル ~Mira Mira, The Cave House・オーストラリア~

ページ上部へ戻る