【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】42. 終わることのない旅(層雲峡・北海道)

takanegahara_eye

日本一早く、美しい紅葉!

これは、どちらかといえば「異様」な光景ではないでしょうか。
美しい」と言えるかどうかも怪しいものです。

北海道・大雪山の『高根ヶ原』は、約100万年前の火山活動によって
巨大な地滑りを起こした場所で、えぐり取られた急峻な崖には万年雪が残ります。

高根ヶ原』は、高原温泉から西に約3時間、
白雲岳と平ヶ岳を結ぶ稜線にあたる高原で、大雪山系の標高1700メートルあたりに広がっています。
アイヌの人々は、この地を「カムイミンタラ」(神々の遊ぶ庭の意味)と呼んでいたそうです。

大小30ばかりの沼地を歩く「高原沼めぐり」は、
夏の高山植物、秋の紅葉スポットとして人気のコースです。

神奈川県とほぼ同じ面積の大雪山国立公園は、日本一早い紅葉と
日本一すごい紅葉で知られています。
一度でもこの紅葉にはまってしまうと、何かに取りつかれたように
毎年やってきてしまうのだとか。
そう考えると、終わることのない大雪山めぐりは、日本一危険なスポットかもしれませんね。

higuma_center

高原沼めぐり」について、ご説明しましょう。

コースは1周約7キロメートルで、所要時間は約3時間半~4時間です。
沼が見えるまで、1時間くらい歩きます。
入山できる期間は6月下旬から10月上旬まで、入山時間は午前7時から午後1時までとなっています。

沼めぐりコースの周辺には、多くのヒグマが生息しています。
そのため、人間とヒグマの遭遇事故を最小限にするため、
毎日巡視員がコースをパトロールしていて、安全を確認した上で入山ができます。
登山道でヒグマが確認された時は、入山が禁止されます。

そのため、入山する前に、コース入口にあるヒグマ情報センター
レクチャーを受けなければなりません。
ヒグマとの遭遇や誘因などの事故がないように、しっかりとレクチャーを受け、万全の注意が必要です。

沼めぐりは、大雪高原温泉大雪高原山荘から始まります。

ここは裏大雪山の山懐、標高1260メートルにある温泉で、紅葉の美しさは群を抜いています
紅葉の時期の沼めぐりは、沼面に深紅の山肌が映り、周囲は自然の調和のとれた
一大パノラマとなります。
冬の間は雪に閉ざされてしまうため、営業期間は6月10日~10月10日のみ
1年のうち、営業している期間はわずか123日間という、まさに秘湯中の秘湯の宿です

こんな絶景が楽しめる、大雪山系にぜひ行ってみてください。

daisetsuzan

★『大雪高原山荘』の住所、行き方・アクセス、電話番号、公式ホームページなど

  • 住所:北海道上川郡上川町層雲峡 高原温泉
  • アクセス:層雲峡からタクシーか自家用車
  • 利用料金:料金表はこちら
  • 予約専用電話:0766-26-8300(旭川事務所)
  • 公式ホームページ:大雪高原山荘 
大雪高原山荘

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る