【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】35. 日本一美しい一般道路(下関市・山口県)

bridge_eye

吸い込まれそうな絶景!

角島大橋』(つのしま おおはし)は、日本一美しいといわれています。
そして、その美しさには必ず理由があります。

ポツンと浮かぶ鳩島は、角島側に寄って見えますが、
じつは真ん中よりやや本土側に近い位置にあります。

この島を大きく迂回させることによって、巨大な生き物のような
絶妙なカーブ道路が生まれました。

もうひとつは、海士ヶ瀬戸(あまがせと)の色です。
本土から鳩島の間は遠浅になっていて、シェルサンドと呼ばれる白い砂が、
輝くエメラルド色をつくっています。

bridge_3

さらに重要なのは、太陽の入射角度です。
いい写真を撮ろうと思うと、撮影は午前中のやや高台からが絶対条件になります。
まるで、自然科学博物館のような角島に渡ると、その他の理由がいっぱい見つかります。

bridge_night

角島大橋』は、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋で、
7年間の着工を経て、2000年(平成12年)に開通しました。
総工費は149億円だったそうです

橋の長さは1780メートル
離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路としては、
日本屈指の長さを誇ります。
完成当初は、日本一の長さを誇っていましたが、
2005年に古宇利(こうり)大橋(沖縄県:全長1960メートル)、
2006年に北九州空港連絡橋(福岡県:全長2100メートル)、
2015年に伊良部(いらぶ)大橋(沖縄県:全長3540メートル)と、
角島大橋よりも長い、通行料無料の離島に架かる橋が建設されました。

古宇利大橋

古宇利(こうり)大橋

この土地特有のエメラルドグリーンの海をまたぎ、
周囲の景観とみごとに調和した雄姿は、山口県の新しい観光名所となり、
多くの人が「一度は訪れてみたい!」と思う絶景の地として人気を誇ります。

また、その美しい姿は、数多くのテレビCMやドラマ、映画のロケ地として採用されています。
特に自動車のCMでは、何度もロケ地として採用されました。
レクサス・GS450h、三菱・ギャランフォルティス、スズキ・スイフトなどなど・・・
そして、橋を渡った先の角島では、ドラマ「HERO」や映画「四日間の奇蹟」のロケが行われました。
bridge_1

この風景も目にしたことのある人は、多いのではないでしょうか。
角島大橋と島全体が一望できる絶景ポイントです
しかし、この道は”一般道路“です。高速道路ではありません。
周りの風景を楽しみたい気持ちは重々わかりますが、くれぐれも車にご注意くださいね。

自然と見事に調和した橋の造形美も素晴らしいのですが、やはり目を奪われるのは海の色ですね
こんな絶景が楽しめる、角島大橋にぜひ行ってみてください。

bridge_2

★『角島大橋』の住所、行き方・アクセス、電話番号、公式ホームページなど

  • 住所:山口県下関市豊北町大字神田~角島
  • アクセス:
    ※ JR山陰本線特牛駅からバスで約20分
    ※ JR山陰本線滝部駅からバスで約25分
    ※ 中国自動車道下関ICから車で約70分
  • 料金:無料
  • 電話番号:083-786-0234(豊北町観光協会:道の駅「北浦街道豊北」内)
  • 公式ホームページ:角島大橋 (おいでませ山口へ)
角島大橋 下関市豊北町大字神田

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る