【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

utsukushigahara_1

広大な牧場の一本道!

長野県の真ん中に位置する『美ヶ原高原』は、日本百名山のひとつですが、
山岳というよりは、2000メートルを超える大きな展望台といったほうがいいかもしれません。

ぐるりと360度を見渡せるために、標高2034メートルの王ヶ頭(おうがとう)の山頂には、
さまざまな電波塔が所せましと並んでいます。
電波の届く範囲はきわめて広く、愛知県から三重県、さらには富士山の五合目でも
キャッチできたという話も。

美ヶ原ホテル」の先には、美しの塔も見えます。
一帯は広大な高原牧場で、美しい一本道が果てしなく続いています。

utsukushigahara_eye

美ヶ原高原』では、壮大な風景を満喫しながら、高原散策を楽しむことができます。
散策コースは
美ヶ原自然保護センター >> 王ヶ頭 >> 塩くれ場 >> 美ヶ原高原美術館
で、徒歩で約2時間のコースです
初夏のレンゲツツジや、晩夏のマツムシソウなど、
6~9月頃にはさまざまな種類の花が、沿道に咲きみだれます。

散策路は、牧場の中を通る未舗装の車道ですが、一般車の通行は規制されています。

美ヶ原高原美術館

美ヶ原高原美術館

美しの塔」は、美ヶ原高原にある塔で、
もともとは1954年、霧鐘塔(霧で視界が悪いとき、登山者のために鳴らす鐘)として建てられました。
現在の塔は、1984年に再建されたもので、今では美ヶ原高原のシンボルとなっています。
塔は、美ヶ原産の鉄平石でできていて、高さは6メートル、中は避難所となっています。

utsukushinotou

美ヶ原高原』は、JR松本駅を降りて、東側正面に見えるひときわ高い山です。
標高2000メートルに広がる高原からは、北アルプスはもちろんですが、
その他にも浅間山南アルプス連邦、天候がよければ富士山も見渡せる360度のパノラマが広がります。

また、秋には高原を目指す途中、美しい紅葉を見ることができます。
例年、見ごろは10月上旬から中旬で、レンゲツツジやシラカバ、カラマツなどが
黄色や赤色に色づき、高原全体が秋一色となります。
また、王ヶ頭(おうがとう)や王ヶ鼻(おうがはな)からは、北アルプスや市街地が一望でき、
さらには紅葉する山々を眼下に眺めることができ、壮大な風景が楽しめます。

このように四季折々で、さまさまな絶景が楽しめる、長野県の美ヶ原高原をぜひ訪れてみてください。

utsukushigahara_2

★『美ヶ原高原』の住所、行き方・アクセス、電話番号、公式ホームページなど

  • 住所:長野県松本市入山辺
  • アクセス:
    ※ 松本ICから車で約75分 
    ※ JR中央本線松本駅からタクシーで約60分
  • 駐車場:無料
  • 電話番号:
    0263-39-7176(松本市観光情報センター)
    0263-31-2807(長野県美ヶ原自然保護センター)
    0263-34-8307(美ヶ原観光連盟)
  • 公式ホームページ:美ヶ原高原 (美ヶ原観光連盟)
美ヶ原高原

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る