旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ㉖ロイサバ (ケニア ナニュキ)【永久保存版】

%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%90%ef%bc%91

ロイサバ Loisaba

「ロイサバ」は「自立した持続可能な保護活動」をテーマに自然保護活動を展開する、
ケニア北部にある私営の自然保護区のことで、
この収入源としてエコロッジが経営されています。

そんな事情もあって、この宿泊施設のワイルドさは桁違いです。
%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%90%ef%bc%95
150平方キロメートルという広大な土地に14のロッジが点在しているのですが、
ロッジ間の移動だけでも車で数十分かかると聞けば、
そのスケールの大きさがお分かりいただけると思います。

そして、ここに来たなら、必ず体験したいのが「スターベット」です。
サバンナの真ん中にぽつりとベッドを置いただけのような、ワイルド過ぎる光景に驚かずにはいられません。
若干ひるむほどのシチュエーションですが、空を埋め尽くす満天の星空の下、
間近に感じられる動物の息遣いに耳をすませながら眠り、地平線から昇アサヒとともに目覚める体験は、
きっと忘れられない思い出になるでしょう。
%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%90%ef%bc%92
スターベッドは、ベッドの下に車輪が付いていて可動式なので、
雨が降っても建物の中に避難できるので大丈夫で、
蚊帳もあるので、虫が苦手な人でも安心です。
%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%90%ef%bc%93
スターベッドのあるロッジは2つで、これ以外は、壁も屋根もあるお洒落なコテージになっていますが、
宿泊客のほとんどが数日の滞在期間中の一夜をスターベッドで過ごすそうです。

食事や飲み物込みのオールインクルーシブです。
サバンナのロッジの食事は通常簡素なものが多いですが、ここの食事のレベルは非常に高く、
レストランの立地もなかなかワイルドです。
%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%90%ef%bc%94
宿泊費には食事代の他、ケニアならではのアクティビティも含まれています。
専用のドライバーガイドが保護区内を案内するゲームドライブは、
可愛い草食動物や獰猛な肉食動物に出会えてスリル満点です。


Laikipia Kenya

【「ロイサバ」(ケニア ナニュキ) への行き方・アクセス】

日本からケニアへの直行便はないので、アジアや中東あるいはヨーロッパで乗り継いで、
ケニアの首都・ナイロビへ。

ナイロビ(ジョモ・ケニヤッタ国際空港)到着後、国内線で→ナニュキ(ナンヤッキ空港)へ。(所要時間:約40分)
ナニュキ到着後、車でロイサバへ。(所要時間:約3時間、140Km)

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る