絶対に見たいイルミネーションがここに!『なばなの里』

nabana_eye

名古屋から車で約30分のところにある
花と食のテーマパーク『なばなの里』。
東京や大阪からもツアーバスが多く出ているので、
便利に訪れることができます。

四季を通じて美しい花が観賞でき、5月下旬から6月中旬頃にかけて
蛍が飛び交う幻想的な景色も楽しめる、一大エンターテインメンスポット。

そんな『なばなの里』の人気イベントは、
毎年私たちを夢のような世界へと連れて行ってくれる
ウインターイルミネーション」。
冬を通じて行われる、LEDを使用した
国内最大級のイルミネーションイベントです!

なばなの里の基本情報

名古屋から車で約30分、大阪や東京からもアクセスが便利な
なばなの里の基本情報をまず、押さえておきましょう。

  • 所在地:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
  • アクセス:
    ※ 東名阪道長島ICから約10分 
    ※ JR関西本線・近鉄名古屋線桑名駅から三重交通バスで約10分、なばなの里下車すぐ 
    ※ ウィンターイルミネーション期間は、近鉄長島駅から三重交通バスで約10分、なばなの里下車すぐ
  • 休里日:なし
  • ウインターイルミネーション期間:2017年10月14日~2018年5月6日(予定)
  • イルミネーション期間中開里時間:9:00~21:00(土休日、特定日は22:00まで)
  • 入村料金:2,300円(小学生以上)(里内で利用できる金券1,000円分付)
  • 駐車場:無料(約3000台)
  • 公式ホームページ:なばなの里

nabana_1

絶対に見たい ウインターイルミネーション!

なばなの里のウインターイルミネーションは、
日本最大級の煌きがつくる、奇跡の世界

毎年変わるテーマエリアだけでなく、
水上イルミネーション「光の大河」、
世界の絶景にも選ばれた「光のトンネル(回廊)」や、
ツインツリー」、「光の雲海」など見どころが満載です。

2017年~2018年「ウインターイルミネーション」について、
詳しく紹介していきましょう♪

2017-2018 テーマエリア 「くまもとだモン!~くまモンのふるさと紀行~」

今年のテーマエリアは、阿蘇や天草、熊本城など
日本の美」の象徴である元気な熊本
美しい風景がモチーフになっています。

美しく元気な熊本の魅力を余すところなく表現するため、
高さ約30メートル x 横幅約155メートルの
巨大オブジェが登場
最新LEDによる最高峰のクオリティで、
繊細かつ鮮やかな景観が再現されます。

日本最大級のイルミネーションで、
熊本のサプライズな魅力が思い切り楽しめます。

kumamon

期間限定(1/1~2/23)新年バージョン登場!

2018年元日から、新年を祝う「新年バージョン」のイルミネーションが
登場します!(2018年2月23日まで)

静寂と白銀の世界をはじめ、雪化粧した雄大な阿蘇や
熊本城のシーンが登場し、
神秘のきらめきダイヤモンドダストや、
思わず感動する幻想的な光景や冬限定の絶景シーンの連続に、
思わず息をするのも忘れて見入ってしまいます。

kumamon_2

全国最大!「水上イルミネーション 光の大河」

いろいろな場所で、美しいイルミネーションを見ることができますが、
水上」にあるイルミネーションはとても稀です。
その中でも、なばなの里の「水上イルミネーション 光の大河」は、
幅約5メートル、長さ約120メートルと、そのスケールは日本最大です。

この川は、なばなの里がある長島にある木曽三川(木曽・揖斐・長良川)の
流れを表現しているのですが、約10分間のプログラムが演出されています。
光の大河」は、最先端のコンピューター制御技術を駆使し、
美しいBGMに合わせ、約640億色()の演出が可能な最新LEDで
さまざまな変化に富んだ「大自然の美しさ」を私たちに魅せてくれます。

ページ:

1

2

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る