【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】63.小笠原諸島(日本)

ogasawara

東京の竹芝桟橋から、週に1便しかない定期船で延々25時間半(!)もかかり、着くまでに国内で最も長い時間を要する場所のひとつ。それが秘境『小笠原諸島』です。東京から南に1000キロメートル、亜熱帯の海洋島である『小笠原諸島』は大小あわせて30余りの島々、太平洋に浮かぶ、紺青の海に囲まれた自然豊かな楽園です。

seaturtle

ハイビスカス、ブーゲンビリアなど原色の鮮やかな花々が咲き乱れ、トロピカルムードは満点!特にコバルトブルーに透き通った海は、沖縄と双璧の美しさを誇ります。「アオウミガメ」の生息地としても知られています。

小笠原諸島は東京都にありながら、本土とは隔絶された太平洋上に浮かぶ島々のため、固有の動植物が生息し、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。

ogasawara2

小笠原の別名「ムニン」を冠した「ムニンノボタン」や小笠原を冠した「オガサワラツツジ」、「オガサワラヌマエビ」、「オガサワラオオコウモリ」など希少種が多いのが特徴です。

hahajima

『父島』のハイライトは、本島の西に浮かぶカルスト地形の「南島」。青く透き通った「鮫池」(さめいけ)に上陸すると、純白の砂浜が広がり、赤土との対比がとても美しいです。

ogasawara3

さらに母島を南下すれば、亜熱帯の島という雰囲気が強くなります。南崎からは、眼下に造礁サンゴや海の美しさで知られる「平島」、「妹島」を臨むサンゴ礁の海が広がっています。

小笠原諸島

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る