ショコラティエがしのぎを削るパリで選ばれたショコラトリーの逸品!チョコレート人気ランキング BEST10

Choco_eye

有名ショコラティエたちがしのぎを削るパリで選ばれたショコラトリーの「この名店のこの逸品!」をランキング。

第1位 パトリック・ロジェのクルール

Choco_eye

宝石のように美しいドーム形チョコレート

個性的なフレーバーで知られる店。
中でもカラフルなドーム型の「クルール」は、ライムやビネガー、ユ ズなどで風味づけしたキャラメルがとろ~り。
酸味と甘味、苦味が心地よく交じり合っていく。
Shop_1ドーム型のレモン風味が気に入っています。
艶のあるカラー、レモンの酸味が混ざり合ったチョコレートの苦味が大好き

『パトリック・ロジェ(Patrick Roger)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 3, pl. de la Madeleine 8e
行き方・アクセス: Madeleineから徒歩約1分
営業時間: 10:30~19:30
定休日:無休
電話番号: 01.42.65.24.47
料金: 9個入り€24
公式サイトURL: http://www.patrickroger.com

第2位 ジャック・ジュナンのボンボン・ショコラ

Choco_2

フルーツやハーブの香りを閉じ込めて

ミントがはじけ、栗の花ハチミツの穏やかな甘さが広がるガナッシュ、香ばしいアーモンドの余韻が残るプラリネなど、
新鮮な素材を詰め込んだボンボン。プリント模様もきれい。
Shop_2ミルクとビターどちらも濃厚でおいしい。メタリックなケースは保存性に優れ、しかもおしゃれなのでおすすめ。

『ジャック・ジュナン(Jacques Genin)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 133, rue de Turenne 3e
行き方・アクセス: Filles du Calvaire から徒歩約5分
営業時間: 11:00~19:00(土曜は~20:00)
定休日: 月曜
電話番号: 01.45.77.29.01
料金: 9個入り€11
公式サイトURL: http://www.jacquesgenin.fr

第3位 ジャン・ポール・エヴァンのショコラ・アペリティフ・ド・フロマージュ

Choco_3

日本未発売のチーズ入りチョコ

有名店の隠れた人気商品。ロックフォールとクルミ、エポワスとクミンなど、
4種のフロマージュ(チーズ)をハーブやスパイスと融合したもの。
お酒に合わせて楽しんで
Shop_3フランスを代表するチーズとスパイスやハーブの組み合わせで、お酒と一緒に楽しめます。
日本未発売なので、おみやげに。

『ジャン・ポール・エヴァン(Jean Paul Hévin)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 231, rue St-Honoré 1er
行き方・アクセス: Tuileries から徒歩約4分
営業時間: 10:00~19:30
定休日: 日曜、祝日
電話番号: 01.55.35.35.96
料金: 16個入り€17.20
公式サイトURL: http://www.jph-japon.co.jp

第4位 ラ・メゾン・デュ・ショコラの ボンボン・ショコラ

Choco_4

老舗ならではの安定したおいしさ

フランス人に愛され続ける名店では、
伝統製法によるプラリネ、カカオ原産国ごとのガナッシュといったクラシックな味わいを試して。
季節限定のフルーツ味もお忘れなく。
Shop_4何を食べてもクオリティが高い店。
レモン風味の「アンダルス」などボンボン・ショコラは必ず買います。

『ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 52, rue François 1er 8e
行き方・アクセス: Franklin D. Rooseveltから徒歩約5分
営業時間: 10:00~20:00 (月火は~19:30)
定休日: 日曜、1/1、7/1、12/25
電話番号: 01.47.23.38.25
料金: 14個入り€29~
公式サイトURL: http://www.lamaisonduchocolat.com

第5位 ジャン・シャルル・ロシューのボンボン・ショコラ

Choco_5

日本のスパイスも上手に取り入れる

カカオの特長を生かしたボンボン作りが信条というロシューさん
バジルや山椒、バラといった個性的な味や香りを、ガナッシュやプラリネに優しく溶け込ませている。
Shop_5土曜限定、旬の果物入り板チョコが楽しみ。イチゴフランボワーズマンゴーがMy Best3です

『ジャン・シャルル・ロシュー(Jean Charles Rochoux)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 16, rue d’Assas 6e
行き方・アクセス: Rennes から徒歩約5分
営業時間: 10:30~19:00
定休日: 日曜
電話番号: 01.42.84.29.45
料金: ボックス€16.70~
公式サイトURL: http://www.jcrochoux.com

第6位 ル・ショコラ・アラン・デュカスマニュファクチュール・ア・パリのボンボン・ショコラと板チョコ

Choco_6

カカオの焙煎から手がける本格派チョコレート

13ヵ国からカカオ豆を仕入れて、焙煎からボンボン作りまで一貫して手がけている。
原産国の特徴が比べられる板チョコから、アルマニャック&プルーンといった個性派ボンボンまでが揃う。
Shop_6素材のよさが伝わってくるショコラです。店内のインテリア、アンティークのショーケースも必見。

『ル・ショコラ・アラン・デュカスマニュファクチュール・ア・パリ(Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 40, rue de la Roquette 11e
行き方・アクセス: Bastille から徒歩約5分
営業時間: 10:30~19:00
定休日:月曜、日曜、8月
電話番号: 01.48.05.82.86
料金: 板チョコ€6~
公式サイトURL: http://www.lechocolat-alainducasse.com

第7位 アンリ・ルルーのボンボン・ショコラ

Choco_7

塩バターキャラメルとセットでも買える

キャラメルで有名だがチョコレートにも定評がある。
ブルターニュ名産の塩バターキャラメルソバの実のフレーバーのほか、ガナッシュとマジパンの組み合わせも秀逸。
Shop_7お茶やフレッシュハーブのボンボンをいち早く提供、実はアバンギャルドなところも魅力です。

『アンリ・ルルー(Henri Le Roux)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 1, rue de Bourbon le Château 6e
行き方・アクセス:Mabillon から徒歩約3分
営業時間: 11:00~19:30 【月・日】11:00~14:00、15:00~18:30
定休日: 不定休
電話番号: 01.82.28.49.80
料金: 7個入り€8.20
公式サイトURL: http://www.chocolatleroux.com

第8位 レ・マルキ・ド・ラデュレのローズフレーバーチョコ

Choco_8

侯爵のストーリーを描いたショコラ

18世紀のマルキ(侯爵)をテーマにしたチョコレート。
侯爵夫人の顔を浮き彫りにしたカメオは、バラやジャスミンなど16フレーバーが揃う。
パッケージもロマンティック。
Shop_8フレーバーが豊富なボンボン・ショコラのほか、サントノレなどのパティスリーがおすすめ!

『レ・マルキ・ド・ラデュレ(Les Marquis de Ladurée)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 14, rue Castiglione 1er
行き方・アクセス: Tuileriesから徒歩約5分
営業時間: 10:00~19:30(土曜は09:30~、日祝は~19:00)
定休日: 1/1、12/25
電話番号: 01.42.60.86.92
料金: ボックス€25
公式サイトURL: http://marquis.laduree.com

第9位 ユーゴ・エ・ヴィクトールのスフェール

Choco_9

コレクションしたくなるおしゃれなパッケージ

Shop_9スタイリッシュなパティスリーとして知られる同店は、チョコレートも華やか。
なかでも目を引く「スフェ ール」は、レモンやオレンジなど季節のフルーツ風味のキャラメル入り。
shop_9_2ドーム型のチョコレートは季節のフルーツフレーバーのキャラメルがとろりと溶けて美味!

『ユーゴ・エ・ヴィクトール(Hugo & Victor)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 40, bd. Raspail 7e
行き方・アクセス: Sèvres Babylone から徒歩約2分
営業時間: 10:00~19:00(土曜は09:00~20:00)
定休日: 8月に2週間
電話番号: 01.44.39.97.73
料金: 6個入り€11
公式サイトURL: http://www.hugovictor.com

第10位 シャポンのボンボン・ショコラ

Choco_10

クリスマスやバレンタイン季節ごとのショコラもチェック

2012年より、カカオ豆からチョコレートを作っている。
塩を利かせたアーモンドとヘーゼルナッツを使った「ドーム」のほか、白ゴマとワサビといった斬新な組み合わせも。

Shop_10

3人の男の子のイラストが入ったパッケージがかわいいので、おみやげに喜ばれます。

『シャポン(Chapon)』の住所、行き方・アクセス、営業時間・定休日、料金など

住所: 69, rue du Bac 7e
行き方・アクセス:Rue du Bac から徒歩約3分
営業時間: 09:00~20:00(月曜は14:00~、日曜は~15:00)
定休日: 1/1、5/1、8月
電話番号: 01.42.22.95.98
料金: 3個入り€5.90
公式サイトURL: http://www.chocolat-chapon.com

関連記事

  1. pantu_eye

    2017-10-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】30. 泥だらけの神様(宮古島・沖縄県)

    容赦なく泥を塗られる!ワーワー、キャーキャー、悲鳴を上げながら逃げまどう。沖縄の島々の中でも、特に海…
  2. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

    2/365の奇跡!この岩場がウワサになり始めたのは、まだほんの10数年前のことなんだそうです。洞窟は…
  3. Soya_1

    2017-10-13

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】28. 最北に広がる美しいジオラマ(稚内市・北海道)

    氷河時代のなごり!ものすごいジオラマが広がっています。 カーブを描く湾には稚内港が見え、その先に利尻…

ピックアップ記事

  1. Soya_1
  2. Achi_eye
  3. sakura_1

注目記事

  1. tooruma_eye

    2017-10-16

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】29. 神秘的な大自然の奇跡(土佐清水市・高知県)

  2. kitsune_eye

    2017-10-12

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】27. 灯りがゆらめく幻想的な祭り(飛騨市・岐阜県)

  3. chigirijima_eye

    2017-10-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】24. もうひとつの軍艦島(契島・広島県)

ページ上部へ戻る