【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【64】サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ(アメリカ・北米)

Fishermanswarf_eye

エビ・カニを味わうならここ! ~アメリカ~

水揚げされたばかりの魚介類がおいしい!

今回は、料理ではなくグルメスポットのご紹介です。
アメリカ・サンフランシスコの人気観光スポットのひとつ『フィッシャーマンズワーフ』(Fisherman’s Wharf)は、大きなカニの看板が目印。
西はギラデリ スクエア(Ghirardelli Square)付近から、東はアルカトラズ島行きのフェリー乗り場があるピア33(Pier 33)付近までのエリアを指し、エビやカニの屋台のほか、レストラン、ショッピングモールなどもあり、1年中多くの観光客でにぎわっています。
ここで味わえるのは、もちろんシーフード
水揚げされたばかりの、おいし~いシーフードがお腹いっぱい食べられます。

seafood端から端までただ歩くだけなら30分ほどですが、食べ歩きやショッピングも楽しむなら、半日から1日は時間を取ってくださいね。
何と、フィッシャーマンズワーフには、名物のアシカもいるんですよ。

sealion

また、フィッシャーマンズワーフには、本物のフィッシャーマン(漁師)がいます。
船着き場には、年季の入った漁船が波に揺れています。
実際に水揚げをするところを見学したい場合は、「フィッシュアリー」(魚小道)(Fish Alley)とも呼ばれる「ピア47」(Pier 47)へ行ってみましょう。

早起きは苦手!という人は、ゆっくり起きて、とれた魚を味見するだけでもフィッシャーマンズワーフの魅力は十分に堪能できます
レストランで、魚介のディープフライや茹でたカニシュリンプカクテル、太いゴムバンドのようなカラマリ(イカフライ)(calamari)、生のオイスターなどを食べるもよし、店先で大きな紙コップに入れて売られている新鮮なシーフードをつまむもよし

seafood_2

焼きたての地元産サワードウ・ブレッドを器にしたクラムチャウダー(clam chowder)も、フィッシャーマンズワーフの名物料理。
サンフランシスコ伝統の味が楽しめます。

clam chowder

ここからは、フィッシャーマンズワーフにあるおすすめスポットをご紹介!

◇ ピア39(Pier 39) ◇

pier39

海に突き出ている桟橋を利用した、潮風が香る開放的なショッピングモールで、お土産探しにもピッタリの場所です。
2階建ての建物には100以上のショップやレストランが軒を連ねていて、いつも多くの人で賑わっています。
また、ピア39の先端にある「Kドック」と呼ばれるアシカのパラダイスがあり、海に浮かんでいるデッキの上でのんびり寛ぐ野生のアシカの姿を見ることができます。

sealion_2

ピア39には、有名な人気レストランが多くあるのですが、その中のひとつ「Bubba Gump」(ババガンプ)をご紹介しましょう。
ここは、トム・ハンクス主演の「フォレストガンプ」がテーマのシーフードレストラン
店内では、映画の世界観が再現されています。

Bubba Gump

  • レストラン名:Bubba Gump Shrimp Co. Restaurant & Market
  • 住所:39 Pier Ste M210, San Francisco, CA 94133-1023
  • 営業時間:10:30-23:00

◇ キャナリー(The Cannery at Del Monte Square) ◇

The Cannery at Del Monte Square

トマトケチャップで有名な「デルモンテ」(Del Monte)の工場跡を利用した、ショッピングモールです。
もともとは、桃の缶詰工場でしたが、現在はレンガ造りの外見はそのまま残して、内部だけが改装されました。
30軒以上のショップとレストランが集まっていて、中でも、地元デザイナーによるアクセサリーや民芸品が充実しています。
中庭ではライブ演奏が行われることもあります。

◇ ギラデリ スクエア(Ghirardellihe Square) ◇

Ghirardellihe Square

サンフランシスコの定番お土産のひとつに「チョコレート」がありますが、その中でもギラデリ(Ghirardellihe)は老舗チョコレートとして人気です。
ここギラデリ スクエアは、ギラデリ・チョコレートの工場跡を改装して造られたショッピングモールで、フィッシャーマンズワーフの西端にあります。
スクエア内には7つの建物があり、ギラデリのカフェなどのほかに20店舗ほどのショップやレストランが入っています。
特にギラデリスクエアには、チョコレートのお土産屋さんやカフェがたくさんあるので要チェックです
パフェはボリュームたっぷりで、かなり甘い!
でも、サンフランシスコの思い出に挑戦してみるのもいいのでは?

Ghirardellihe

いかがでしたか?
サンフランシスコらしい風景が楽しめるフィッシャーマンズワーフは、観光スポットとしても、グルメスポットとしても魅力的な場所。
いろいろなお店もあるので、お土産選びにもピッタリ!
ぜひ新鮮なシーフードをお腹いっぱい味わってみてください。

Seafood_3

こんなグルメが楽しめる、サンフランシスコ(San Francisco)(アメリカ・北米)をぜひ訪れてみてください。

↓↓↓↓↓サンフランシスコ旅行には、ぜひこの記事を!↓↓↓↓↓
サンフランシスコ旅行の人気&おすすめ観光スポット40選!絶対に行くべきサンフランシスコ旅行の観光名所を紹介! 

プチ情報
かつて脱出不可能と恐れられた連邦刑務所の跡地がある『アルカトラズ島』(Alcatraz Island)は、サンフランシスコ沖の真ん中に浮かぶ島で、フィッシャーマンズワーフからフェリーで行くことができます。(所要時間:約25分)
フェリーはピア33から出ていますが、フェリーチケットは数週間先まで満席の場合もあり、また当日券もわずかしかないことが多いため、行きたい人は事前にツアーで予約をしておいた方がいいかもしれません。

Alcatraz Islandここ、アルカトラズ島での実話を元に作られたものとしては、映画「ルカトラズからの脱出」(Escape From Alcatraz)(クリント・イーストウッド主演)やドラマ「ALCATRAZ/アルカトラズ」が有名です。
アルカトラズ島を訪れる予定のある方は、前もってこれらを見ておくと、さらに楽しめるかもしれませんね。

Escape From Alcatraz

↓↓↓↓↓ おいしいシーフードが楽しめるフィッシャーマンズワーフ・サンフランシスコ アメリカ(USA)(北米↓↓↓↓↓

サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ

関連記事

  1. cruise_eye

    2018-1-23

    淡路島からうずしお観光!『うずしおクルーズ』(兵庫県)

    渦の大きさでは、世界でも最大規模といわれる 『鳴門の渦潮』(なると の うずしお)。これは、徳島県鳴…
  2. meta_eye

    2018-1-22

    これこそ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  3. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…

ピックアップ記事

  1. cruise_eye
  2. meta_eye
  3. fushimiinari_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る