【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【66】パリのオニオングラタンスープ(フランス・ヨーロッパ)

soup_eye

寒い冬のパリの人気メニュー! ~フランス~

赤ワインと一緒に食べて身も心も温ろう!

ヨーロッパの冬は寒い!
もちろん、フランス・パリの冬もかなり寒いです。
そんなとき、ぜひ試していただきたいものが、パリのカフェで食べる『オニオングラタンスープ』。
(フランス語では「soupe à l’oignon gratiné」)

パリのオニオングラタンスープは、「飲む」なんて感覚ではありません。
チーズはカップの1/5くらい入っていて、その下にパンまで入っている!
さらにその下には、トロトロになった玉ネギが茶色くなって埋まっています。
赤ワインを飲みながら、それをすくって一口・・・。
寒い時でも、1/3ぐらい食べると汗がでてきます。
ランチならこれだけで十分、バケットと一緒に食べれば軽いディナーとしては大満足です。

onion soup

パリで最初にレストランを開店させたのは、市場の近くで薬を売っていたお店だったそうです。
真冬に、朝早くから市場で働いている人たちのために「オニオングラタンスープ」を売り始めたところ、これが大当たり!
そうなると、たちまち右も左もオニオングラタンスープを売る店が続々と開店しました。

朝早く働いているとお腹も空くし、体も冷えます。
とにかく、パリの冬の朝は寒いんです。
そこへどろりと、濃厚で舌を焼きそうなオニオングラタンスープを出したら、誰でも食べたくなりますよね

寒いパリの街を、朝早くからの仕事を終え、荷車を引いて帰るのはツライものです。
そんな時に、一杯のオニオングラタンスープは身も心も熱くし、体力も充実させてくれたことだでしょう。

そうなると、毎日オニオングラタンスープだけでは・・・ということになり、いろいろな料理を出すようになりました。

これが、レストランやビストロの始まりと言われています。

冬じゃなくても、パリを訪れた時には、ぜひ名物「オニオングラタンスープ」を食べてみてくださいね

onion soup_2

こんなグルメが楽しめる、パリ(Paris)(フランス・ヨ-ロッパ)をぜひ訪れてみてください。

↓↓↓↓↓フレンチグルメに関する記事は、こんなものもあります!↓↓↓↓↓
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【42】マルセイユのブイヤベース(フランス・ヨーロッパ) 
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【45】ヨーロッパの国々でデザート三昧 - スイス・フランス・ベルギー・ポルトガル編(ヨーロッパ)
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【60】ノルマンディーのシードル&カルヴァドス(フランス・ヨーロッパ)

プチ情報
ここでは、「オニオングラタンスープ」が人気のパリのレストランを、3軒ご紹介しましょう

1. Le Grand Cafe Capucines (ル グラン カフェ カプシーヌ)

Le Grand Cafe Capucines

Le Grand Cafe Capucines』(ル グラン カフェ カプシーヌ)は、生カキオニオングラタンスープが有名なフレンチレストランです。
メトロの「オペラ駅」に近く、いろいろな観光地からも来やすい場所にあるので、1日観光した後にちょっとおしゃれなディナーを
な~んていう時にオススメです。

さらに、なんとこのレストランは年中無休、24時間営業なので、夜遅くなっても気軽に本格フレンチが楽しめます。

しかも、日本人にはうれしいことが
日本語メニューがあるので、安心して入店できちゃう!!日本人観光客に大人気のレストランです。

【住所・営業時間・公式HP・オニオングラタンスープの料金】

  • 住所:4 Boulevard des Capucines 75009 Paris
  • 営業時間:年中無休、24時間営業
  • 公式HPhttp://www.legrandcafe.com/ja/ (日本語)
  • オニオングラタンスープの料金:Soupe à l’oignon gratinée 10,50€(約1,365円)

2. Le Procope (ル プロコープ)

Le Procope

Le Procope』(ル プロコープ)は、1686年創業というパリ最古のカフェ&レストラン。
最寄りのメトロは「オデオン駅」、パリ6区のサンジェルマン大通りを少し入ったところにあります。
最古のカフェというだけあって、歴史を感じさせてくれる雰囲気のカフェですが、決して堅苦しい感じではなく、気軽に入ることのできるカフェです。

カフェだけでもOKなのですが、せっかくパリに来たなら、これぞパリ
という豪華な内装のレストランで、古に思いをはせながら、食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【住所・営業時間・公式HP・オニオングラタンスープの料金】

  • 住所:13, rue de l’Ancienne Comédie, 75006 Paris
  • 営業時間
    月 – 水 11:30 – 00:00
    木 – 土 11:30 – 01:00
    日 11:30 – 00:00
  • 公式HPhttp://www.procope.com/ja/ (日本語)
  • オニオングラタンスープの料金:Soupe à l’oignon gratinée 9,00€(約1,170円)

3. Cafe de Flore (カフェ ド フロール)

Cafe de Flore

Cafe de Flore』(カフェド・フロール)は1887年に創業した、サン=ジェルマン大通りにある老舗カフェです。
フロール」の名前は、春の女神である「フロール」に由来しています。
最寄り駅は「サンジェルマン・デ・プレ」。パリのおしゃれな地区にあるだけあって、映画のシーンや、モード誌のグラビアにも何度も登場しています。

カフェド・フロールは、かつてパリの知識人たちが集った場所として知られる、伝説的なカフェです。
テラス席、1階、2階とあり、天気がいい昼間はテラス席がオススメ。
最先端のファッションを楽しむパリジェンヌを眺めるのも楽しいです。
ゆっくりとカフェタイムを楽しみたい人は、2階席へ。
窓からのんびり、サン・ジェルマン・デ・プレの街並みを眺めながら、オシャレな時間が過ごせます。

料金はちょっとお高めですが、せっかくパリまで来たのなら、「伝説のカフェ」で思い出つくりをしてみませんか?

【住所・営業時間・公式HP・オニオングラタンスープの料金】

  • 住所:172 Boulevard Saint-Germain 75006 Paris
  • 営業時間:毎日 07:30 – 25:30(休みなし)
  • 公式HPhttp://cafedeflore.fr/?lang=ja (日本語)
  • オニオングラタンスープの料金:SOUPE À L’OIGNON GRATINÉE 14,00€(約1,820円)

※ 店舗情報や料金はすべて2017年8月14日時点のものです。

onion soup_3

↓↓↓↓↓ 世界有数の観光都市パリのシャンゼリゼ通り フランス(France)(ヨーロッパ↓↓↓↓↓

シャンゼリゼ通り

関連記事

  1. cruise_eye

    2018-1-23

    淡路島からうずしお観光!『うずしおクルーズ』(兵庫県)

    渦の大きさでは、世界でも最大規模といわれる 『鳴門の渦潮』(なると の うずしお)。これは、徳島県鳴…
  2. meta_eye

    2018-1-22

    これこそ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  3. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…

ピックアップ記事

  1. cruise_eye
  2. meta_eye
  3. fushimiinari_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る