【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【55】イタリアのパスタあれこれ -ロングパスタ編(イタリア・ヨーロッパ)

Pasta_eye

500種類以上もあるパスタ! ~イタリア~

パスタの種類ごとにおすすめソースが楽しめる!

イタリア料理=パスタ=スパゲッティ

こんな風に思っている人も、おそらく少なくないはず・・・
いやいや、イタリアのパスタは「スパゲッティ」だけでありません!本当かどうか定かではありませんが、一説では500種類以上もあると言われているんだとか。
ということで、イタリアでは地域によって食べるパスタ、またそのパスタと料理する具材やソースが異なるんです。

今回は、そんなイタリアのパスタあれこれをご紹介してみたいと思います。
まず、「ロングパスタ」と呼ばれる長いパスタ(長さが25センチ前後にカットされた棒状のパスタ)から始めましょう♪

【スパゲッティ】spaghetti

数あるパスタの中で、もっともポピュラー。直径1.4~1.9mm前後で、円柱状のパスタ。
太めのスパゲッティは濃厚なソースによく合い、細いタイプのスパゲッティは軽いソースで調理して食べるのに適しています。

オールマイティーな調理道具としてタジン鍋を使用しているそうです。

《おすすめメニュー》
ローマ風カルボナーラボンゴレ・ビアンコ(アサリのスパゲッティ)など。

Carbonara

【フェットチーネ】fettucine
【タリアテッレ】tagliatelle

麺の幅が5~10mm前後の平めん状のロングパスタ。きしめんのような感じです。イタリアでは、古くローマ時代から食べられていて、クリームソースとの相性がとてもGood

《おすすめメニュー》
サーモンとほうれん草のクリームソース(サーモンは塩・コショウしてバター焼き、ほうれん草は下ゆでして切り、生クリームを合わせたパスタ)
ラグーソース(肉や魚介類を細かく切って煮込んで作るソース。ミートソースなどもラグーソースに含まれる)

Tagliatelle

【リングイネ】linguine

断面が楕円形をしたロングパスタ。語源ではイタリア語で「」という意味の「lingua」。
バジリコと松の実を使った「ジェノヴァ風」ではリングイーネを使う場合が多い。

Linguine

《おすすめメニュー》
ペスト・ジェノベーゼオマール海老のリングイネなど。

Llinguine

【カッペリーニ】capelline

直径1.0mm~1.1mm前後の極細パスタ。語源はイタリア語で「髪の毛」を意味する「capello」。
日本では、夏に冷製パスタとして使われる場合が多い。

《おすすめメニュー》
トマトの冷製パスタなど

Capelline

【ブカティーニ】bucatini

直径が2mmから3mm前後の管状をしたパスタ。麺の真ん中に穴があいているので、濃厚なソースとの相性はバツグン

Bucatini

《おすすめメニュー》
ブカティーニ・アッラ・アマトリチャーナ(トマトソースベース。ペコリーノチーズとグアンチャーレと呼ばれる頬肉のパスタ)など

Amatriciana

【ラザーニェ】lasagne

日本では「ラザニア」と呼ばれる、板状のパスタ。ラザニアは料理名として知られていますが、もともとはパスタの形状名なのです。

《おすすめメニュー》
ラザニア・ボロネーゼなど

Lasagna

いかがでしたか?
今度、イタリア料理を食べに行ったら、パスタの種類にこだわってオーダーしてみるのも楽しいかも

こんなグルメが楽しめる、イタリア(Italy)(ヨーロッパ)をぜひ訪れてみてください。

プチ情報
最近よく聞く「生パスタ」。
乾燥パスタ」との違いってご存知ですか?

そもそも、生パスタとは「小麦粉に卵、塩、水を練りこんだ生地を熱を加えずに作られるパスタ」のこと。
ちなみに乾燥パスタは長期間保存させるため、「麺を押出して熱を加えて、水分を加えて乾燥させた」もの。
生パスタは麺を押出す際、できるだけ熱を加えず水分を含んだまま、小麦本来の風味、食感を保ったまま作るので、風味や食感が乾燥パスタとは異なるんです。

RowPasta

生パスタの一番の特徴は「乾麺にないモチッとした食感」です。生パスタは、デュラム小麦、小麦粉、卵、塩、水の割合を変えることで、それぞれ異なった食感を作り出せるんだそうです。「モチッとした食感」「歯切れのいい食感」「コシがあって弾力のある食感」などなど・・・

「生パスタ」押しのお店も多くなりましたので、乾燥パスタとの違いを楽しんでくださいね。

↓↓↓↓↓ パスタといえばココ!イタリア(Italy)(ヨーロッパ↓↓↓↓↓

イタリア

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る