【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】80.ゴア (インド・アジア)【動画あり】

Goa_eye

ゴアの教会群と修道院群(Churches and Convents of Goa) ~インド~

フランシスコ・ザビエルの眠る街

今回ご紹介する世界遺産『ゴアの教会群と修道院群』(Churches and Convents of Goa)は、
インド南部の港町「ゴア」(Goa)に現存するキリスト教の教会と修道院から構成されています。
ゴアは、インド最大の都市ムンバイ(Mumbai)から南に約500キロの西岸にあります。

1510年、ポルトガル軍がインドの「ゴア」(現在のオールド・ゴア)を占領し、
それ以来、ゴアはアジアにおける交易と、キリスト教布教の拠点として反映しました。
当時、ポルトガル領だったこの地域はポルトガルの首都リスボン(Lisbon)を模して
ヨーロッパの街並みと多くの教会、修道院が造られ、「東方一の貴婦人」という異名を持つほど、美しい都市でした。

現在、その美しかった街並みはなくなってしまい、アジアにおけるヨーロッパ建築の痕跡として
教会と修道院だけがいくつか残されているだけとなってしまいました。
これらの建造物が残る一帯は、「オールド・ゴア」または「旧ゴア」(Old Goa)と呼ばれ、
1986年、世界遺産に登録されました。

また、このゴアの地の特筆すべき、もう1つの点は、日本でもよく知られている
フランシスコ・ザビエル」の眠る地でもあるということです。
キリスト教イエズス会の宣教師であった「フランシスコ・ザビエル」が、キリスト教の普及に尽力。
インドのカースト制度で苦しむ人々に、「神の恩恵は等しく受ける事ができる」というキリスト教の教えを伝え、ゴアの人々に救いを与えました。
ザビエルの眠っている場所は、『ボム・ジェズ教会』(Basilica of Bom Jesus)。

Basilica of Bom Jesus_2

ルネサンス様式とバロック様式が融合した教会で、外装は赤茶色で地味な感じがしますが、内装は一変して豪華絢爛、金箔で覆われた見事な造りになっています。
祭壇には、ザビエルの眠る棺が安置されているのですが、驚くことに、彼の眠る棺はガラス張り。中が透けて見えるそうです。

Basilica of Bom Jesus

ボム・ジェズ教会』の近くには、金箔で覆われた木彫り彫刻がある『アッシジ聖フランシス修道院教会』(Church of St. Francis of Assisi)と、この世界遺産の中で最も規模の大きい『セ・カテドラル』(Se Cathedral)があります。

アッシジ聖フランシス修道院教会

アッシジ聖フランシス修道院教会

このように、キリスト教の布教活動を物語る遺跡が10あまり現存していて、
ここがインドだということを忘れてしまうほどです。

ヒンドゥー教やジャイナ教、仏教などの建築が多いインドですが、
ここゴアでは一風変わったインドを見ることができます。

セ・カテドラル

セ・カテドラル

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「ゴア(インド)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
今回ご紹介した「ゴア」は、海岸沿いにある都市なので、実はインドでも有数の世界的ビーチがあります。
その中で、いくつか人気のビーチをご紹介しましょう。

【カラングートビーチ Calangute beach】

Calangute beach

カラングートビーチ』は、たくさんあるゴアのビーチの中で、もっとも規模が大きく、人気のビーチです。
パナジ(Panaji)の北にあるビーチで、かつてはヒッピーの聖地でした。
おもにヨーロッパからの観光客が多く訪れるこのビーチでは、牛がのっしのっしと歩く、ほのぼのとした光景を見ることができます。
街に隣接していて、背の高いヤシの木が生い茂る下には、ホテルやレストラン、お土産物やさんなどが軒を連ねています。

【カンドリムビーチ Candolim beach】

Candolim beach

カンドリムビーチ』は、高級ホテルが多くあり、欧米人観光客に人気です。
また、ナイトクラブもあるため、ナイトライフが楽しめる街としても人気があります。
そのため、ゴアでは、もっとも早くクリスマスシーズンのホテル予約が埋まっていくとも言われています。
また、ビーチの近くには、座礁した貨物船アグアダ砦など、観光スポットもあります。

【バガビーチ Baga beach】

Baga beach

カラングートビーチと同様、この『バガビーチ』も最も人気のあるビーチの1つです。小さなビーチで、バガ川の河口には漁船が停泊しています。
ウォータースポーツが充実しているビーチで、スピードボートやバナナボート、ジェットスキーやパラセーリングといったスリル満点のアクティビティが豊富です。
また、漁村が隣接していて、浅瀬も多く、波も穏やかなので、くるぶし程度の深さでも泳ぐ魚を見ることができます。

旧ゴア

関連記事

  1. sakura_eye

    2017-9-20

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】11. 仁王立ちの桜(宇陀市・奈良県)

    日本一絵になる桜!「槍の又兵衛」の異名を持ち、大阪夏の陣で討死にした戦国時代の武将「後藤又兵衛」。 …
  2. gajumaru_eye

    2017-9-19

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】10. ガジュマルの妖精(沖永良部島・鹿児島県)

    100年以上も子どもたちを見守ってきた樹!日本一大きい『ガジュマル』は、沖永良部島の国頭小学校の校庭…
  3. festival_eye

    2017-9-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】9. 光あふれる春節の夕べ(長崎市・長崎県)

    街中を彩る極彩色のランタン!『長崎ランタンフェスティバル』は、夜景で有名な長崎の街の冬空をいっそう輝…

ピックアップ記事

  1. sakura_eye
  2. gajumaru_eye
  3. festival_eye

注目記事

  1. castle_eye

    2017-9-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】2. 鳥取城(鳥取市・鳥取県)

  2. Fujien_eye

    2017-9-5

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】1. 河内藤園(北九州市・福岡県)

  3. pastilla_eye

    2017-8-26

    【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【70】フェズのパスティラ(モロッコ・アフリカ)

ページ上部へ戻る