【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】1. 河内藤園(北九州市・福岡県)

Fujien_eye

トンネルの先には何がある?

不思議なタイムトンネルに吸い込まれてしまいそう、そんな錯覚に陥ります・・・

北九州市の山間に広がる、敷地面積3000坪もある『河内藤園』がその場所です。
この有名な虹色トンネルは、長藤、紅藤、白藤、八重藤など、22種類もの藤が作る、
実に豪華絢爛なトンネルなのです。

Fujien_2

この藤園はちょっと変わっています。
まず、多くの観光客が訪れると、根を傷めるという理由から宣伝は一切していません。
にもかかわらず、「奇跡の絶景」だと紹介されて、一躍世界中で話題になりました。

また、開花状況によって入園料が変わることでも有名です。
18歳以下は無料、「咲き始め、咲き終わり」は500円、「中間」は1000円、「見ごろ」は1500円となります。

天候によって変わりますが、だいたい毎年5月初旬にこの見事な藤のトンネルが楽しめます。

momiji

この『河内藤園』、藤の絶景で一躍有名になりましたが、実は、もみじの名所でもあります。

シーズンに入ると「もみじの森」が解放され、今度はもみじの絶景トンネルが楽しめます。

樹齢約30年のモミジの木が約700本、樹齢70~80年のもみじの木も18本あり、
紅葉すると目を見張るほどの美しい絶景が広がります。

momiji_2

散策路の両側にはもみじの木がズラリと並びます。
紅葉でトンネルのようになった小道、実は「上り坂」なのですが
そんなことも忘れてしまうほど、もみじのトンネルは美しいのです。

Fujien_3

★『河内藤園』の住所、行き方・アクセス、開園時期・営業時間、料金など

  • 住所:福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
  • アクセス:北九州都市高速道路 大谷ランプから約20分、山路ランプから約20分
  • 開園時期:4月中旬~5月中旬(藤)、11月中旬~12月初旬(もみじ)
  • 営業時間:8時~18時(藤)、9時~17時(もみじ)
  • 電話番号:093-652-0334
  • 料金:
    – 咲き始め、咲き終わり:500円
    – 中間:1,000円
    – 見ごろ:1,500円
  • 公式ホームページ:北九州市八幡東区 河内藤園
河内藤園

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る