【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】9. 光あふれる春節の夕べ(長崎市・長崎県)

festival_eye

街中を彩る極彩色のランタン!

長崎ランタンフェスティバル』は、夜景で有名な長崎の街の冬空をいっそう輝かせます。

中国の旧正月を祝う「春節祭」は、期間は暦の関係から毎年変わりますが、世界各地で盛大に行われます。
長崎でも、もともとは新地中華街の人たちが「春節」を祝う行事だったのが、『長崎ランタンフェスティバル』。

1994年からは、規模を拡大して、市全体で開催する長崎の冬の一大風物詩として全国的にその名が知られるようとなりました。
15日間の期間中、街中に飾られる約1万5000個の極彩色のランタン中国提灯)と、
各会場の大小さまざまなオブジェたちが一帯を幻想的に彩り、訪れる100万超の人々の心を深く魅了します。

festival_1

2017年(1月28日~2月11日開催)は、約94万人の人が訪れたそうです

長崎新地中華街をはじめ、湊公園、中央公園、眼鏡橋周辺、浜市・観光通りアーケードなど
長崎市内の中心部に約15,000個ものランタンや、大型オブジェが幻想的に飾られ、街を彩るのです。

三国志の英雄から干支の動物まで、巨大な光オブジェがずらりと並ぶ光景は圧巻です。

期間中は毎日各会場で、龍踊り中国雑技二胡演奏など中国色豊かなイベントが繰り広げられます。

会場は、五行思想に基づいて、東西南北に分かれています。
近年、五行思想にはない、かわいい桃色ランタンも登場しているみたいですよ

festival_2

この『長崎ランタンフェスティバル』、名前の通り、街中をランタンが彩り、
中国の雰囲気を楽しめるだけでなく、皇帝パレードなどの演舞なども見ることができるので、
初めての人でも十分楽しめます

festival_3

★『長崎ランタンフェスティバル』の会場、開催期間、行き方・アクセス、点灯時間など

  • 住所:長崎県長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園 他
  • 会場:各種イベントが行われる会場は、新地中華街会場、中央公園会場、唐人屋敷会場、興福寺、鍛冶市会場、浜んまち会場、孔子廟会場の7ヵ所となります。
  • 新地中華街会場までのアクセス:(路面電車)市電築町電停から、徒歩2分
    ※ 新地中華街会場から中央公園会場まで、徒歩約10分
  • 次回開催期間:2018年2月16日(金)~3月2日(金)(15日間)
  • 点灯時間:期間中17:00~22:00まで点灯
  • 料金:無料
  • 電話番号:095-822-8888 (長崎市コールセンターあじさいコール)
  • 公式ホームページ:冬・長崎ランタンフェスティバル (長崎市公式観光サイト)
長崎新地中華街

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る