【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】8. 効能あふれる癒しの湯治宿(仙北市・秋田県)

Tamagawa_eye

ひと味違う温泉めぐり!

屈指の名湯『玉川温泉』を初めて見学する場合は、
ちゃんと自分なりのテーマを持って行きましょう♪

そうでないと、玉川温泉の強烈な光景にただ圧倒されるばかりです。

およそ1キロメートルの玉川温泉園地自然研究路の遊歩道を歩くと、
この温泉が「日本一」だと誇る理由が、いたるところでわかってきます。

Tamagawa_2

pH1.2という超高い酸性度、毎分9,000リットルの湧出量、
ここにしかない「北投石」というラジウム鉱石、そして名高い元祖岩盤浴などなど。

秋晴れの一日、見渡せば珍しいものだらけのワンダーランドです

もしすると、やたらキョロキョロしない態度も必要かも・・・
静かに瞑想しているのは、湯治客だけなのですから。

Tamagawa_1

玉川温泉』は、十和田八幡平国立公園の西南、田沢湖へ通じる国道341号線の沿線にあり、
焼山の麓に広がる静かなたたずまいの温泉です。

玉川温泉の温泉は無色透明ですが、pH1.2と極めて酸性が強く、源泉温度はなんと98度
1分間の湧出量は9,000リットルで、1カ所の湧出量としては日本一です。

泉質は、強酸性塩化物泉
硫黄臭と微量のラジウム放射線が含まれている、とても特徴のある泉質です。
長い間に、その成分が石化し、日本で唯一の天然記念物「北投石」となりました。

多くの疾患・症状に対する改善や、治癒能力の向上が期待できる「効きの湯」として親しまれています。

Tamagawa_4

療養・癒しの温泉」として知られる玉川温泉は、他の温泉地や観光地と異なり、療養・静養を目的とした湯治宿です。
玉川温泉では、『湯治のふるさと』をコンセプトに、湯治利用での長期滞在のお客様を中心に、大きく分けて2種類の宿泊部門があります。

まず、『旅館部』とよばれるもの。
これは「お部屋」+「お食事付き」の宿泊部門です。

もう1つは、『自炊部』とよばれる、基本的に「お部屋のみ」が提供される宿泊スタイルです。
自炊部には「炊事場」があるので、自由に調理を行うことができます。

国立公園地内、また強酸性の温泉という特殊な環境にあるため、様々な規制などもありますが、効能あふれる、この癒しの温泉をぜひ訪れてください。

Tamagawa_3

★『玉川温泉』の住所、行き方・アクセス、電話番号など

  • 住所:秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢国有林
  • アクセス:
    ※ JR田沢湖駅からバスで約80分。玉川温泉バス停から徒歩。
    ※ 玉川温泉への車でのアクセスは、夏期(4月下旬〜11月下旬)と冬期(11月下旬〜4月下旬)では、大きく異なりますのでご注意下さい。
    11月下旬〜4月下旬は、R341の田沢湖側二神館 ⇔ 鹿角側澄川間が冬期通行止めとなり、一般車輌の通行ができなくなります。 
  • 電話番号:0187-58-3000(玉川温泉地区予約センター)
  • 受付時間:8:00~21:00
  • 公式ホームページ:玉川温泉 
玉川温泉

関連記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  2. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…
  3. fushimiinari_eye

    2018-1-18

    圧巻の千本鳥居!『伏見稲荷大社』(京都府)

    京都は、日本人だけでなく、外国人からも 絶大な人気を誇る観光都市ですよね。では、そんな京都で、外国人…

ピックアップ記事

  1. fushimiinari_eye
  2. Gorah_eye
  3. Casa Caracol_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る