【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【14】バナウエ(フィリピン・アジア)

Batad village et rizières en terrasses

バナウエ ~フィリピン~

世界最大規模の棚田は桁違い!

マニラから車で北上すること約10時間!コルディリェラ山脈の中央に位置するイフガオ州に『バナウエ』はあります。banaue
ここでの必見スポットは、195年に世界遺産に登録された世界最大規模の棚田「ライステラス」です。日本にも棚田はありますが、スケールが桁違い!険しい山を切り開いて階段状につくられた棚田は山間民族が2000年以上のときをかけて築き上げてきた血と汗の結晶なのです。その姿は「天国への階段」と称され、すべての棚田を平に伸ばすと2万キロメートル、地球半周分の長さにもなるんだとか。

batad棚田は広範囲に点在していますが、一番のおすすめは「バタッド村」。徒歩でしか行くことのできない過酷な道のりですが、一見の価値はあります!ジプニーで行ける最後のポイントからは、杖をつきながら凸凹m日を歩くこと1時間・・・ここまでくると、秘境感はマックスです。すり鉢状に広がる棚田と底にある素朴な村の景色は壮観で、疲れが一瞬で吹き飛んでしまうことでしょう。batad2

それにしても、なぜこんな急斜面に田んぼを作ったのでしょう?
「世界8番目の不思議」や「天国への階段」と言われることも納得できてしまいます。

旅情をそそられるのどかな風景!

周辺には、その棚田をつくり上げた「イフガオ族」が暮らしています。赤い民族衣装を着た人々は、とても陽気で元気!その姿にパワーをもらえることでしょう。banaue2車で手軽に行けるバナウエ・ビュー・ポイントも記念撮影にはピッタリです。棚田の一番下から最上部まで1500メートル。面積は250平方キロメートルと壮大。フィリピンの人々のたくましい生命力を改めて感じます。

村の小さな宿も味わい満点!
朝は真っ白な霧に包まれ、旅情をそそります。テラスでいただく香り高いネイティブライス(棚田の米)や野菜がたっぷり郷土料理、そして淹れたてのコーヒーの味はきっと忘れられないものになるはず。banaue3ベストシーズンは苗が育ち、気候も安定する3月~4月。ライステラスに水が溜まり、水田に空が映し出され、美しさが増します。

ワンポイントアドバイス
棚田観光はトレッキングなので、靴や服などそれなりの準備を整えてください。標高1500メートル以上あるので、朝晩は冷え込みます。玄関口のマニラはショッピング天国。「プチプラ」の宝庫なので、ついつい荷物が増えてしまうことも。スーツケースのスペースには余裕をもっておいてください。

マニラからバナウエへの行き方

マニラからバナウエへは、バスで約10時間(約400キロメートル)。かなりの長旅です。

また、バナウエからバタッド村へは、トライシクルと徒歩で約3時間!ガイド兼トライシクルの運転手もいるようなので、バナウエのホテルで相談してみるのもいいかも。

バナウェ

関連記事

ピックアップ記事

  1. zekkei_eye
  2. osaka_gourmet_eye

注目記事

  1. resonable_eye

    2021-3-5

    【全国1万円以内で泊まれるホテル7選】安くてオシャレっていいでしょ😃

  2. ichigo_eye

    2021-3-2

    【都道府県別いちご狩り&おでかけスポットまとめ】今年はドライブで!🚘

おすすめ記事

  1. okayama_eye
  2. glamping_eye
ページ上部へ戻る