【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【60】サントリーニ島(ギリシャ・ヨーロッパ)

santorini_eye

サントリーニ島 ~ギリシャー~

青いキャンバスに描かれた真っ白な家!

一生の思い出になるようなリゾート地は、世界中どこにでもあるわけではありません。そのなかで、ギリシャの『サントリーニ島』(Santorini)は格別。澄んだ空と海、折り重なるように建つ白壁の家と青いドームの教会が完璧なまでのコントラストで、訪れる人の心をがっちりとつかみます。santorini

エーゲ海に浮かぶこの島は、八丈島ほどの大きさで正式には「ティーラ島」(Thira)といいます。かつて爆発を起こした火山がつくりだしたカルデラ地形が特徴で、街は断崖絶壁に張りつくようにつくられています。

ロマンティックな夕日に愛を誓う!

北部の港町「イア」(Oia)で見るエーゲ海に沈む夕日は、ロマンティックそのもの。ラグジュアリーホテルも多く、これぞ大人の休日といった雰囲気です。katikies-hotel
「カナベス・イア・ホテル」(Canaves Oia Hotel)や「カティキエスホテル」(Katikies Hotel)はその筆頭で、ハネムーン、フルムーン、自分へのご褒美・・・ちょっと贅沢なバカンスにぜひ選んでほしいホテルです。アンティーク家具やアーティスティックな装飾がほどこされた白が基調のインテリアは、女子なら誰しも気に入るはず!窓から紺碧の海もクルーズ船も一望できます。
午後の柔らかい日差しのなか、テラスでワインを飲む幸せ
何をしようか考えるのさえ、もったいなく思え、ウトウトとちょっとお昼寝。。。そんなゆとりのバカンスもたまにはいいですよね
もちろん、プールで泳いだり、プライベートヨットでエーゲ海クルーズに出かけたり、アクティブに過ごしたい人にもイチ押しですmousakka夜、レストランのオープン席で舌を満たすのは、豊富な魚介類と太陽の恵みを享受した野菜たち。ひき肉、ナス、ジャガイモを重ねた「ムサカ」(mousakka)や、レモンがきいた豆のスープ「ファーバ」(fava)はシンプルですが、滋味深く絶品!
ホテルへの帰り道、日焼けで火照った肌を潮風がそっと癒すとき、「また必ず来たい」と心に誓うことでしょう。sunset

もっとサントリーニ島について知りたい人はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【旅行のプロが選ぶ世界のビーチリゾートランキング】第7位 サントリーニ島(ギリシャ)

ワンポイントアドバイス
雑貨や陶器などショッピングも楽しいサントリーニ島。ただし、リゾート地なので物価は高め。エーゲ海は陽光、というイメージですが、冬は寒く天気も曇りがち。おすすめは断然夏!そして春と秋もOK!ピーク時は島行きの国内便もホテルは予約しにくくなるので、計画は早めにたててください。

サントリーニ島への行き方
今回はアテネ(Athens)からサントリーニ島への行き方をご紹介します。

1) 飛行機(約1時間)

2) フェリー(約8時間)
8時間と聞くと、「長いなぁ~」と感じてしまうかもしれませんね。でも、サントリーニ行きは途中でパロス島やミコノス島によるので、エーゲ海の美しい景色を楽しみながらの旅はあっという間です。

3) 高速船(約5時間)
フェリーは大型船なので時間がかかりますが、高速船はボートのため、サントリーニ島までの所要時間は短くすみます。ただ、夏季のみの運航となる会社もありますので、事前にしっかり調べてください。

現在、日本からアテネへの直行便はないため、
(1)ヨーロッパ経由 (2)アジア経由 (3)中近東経由
となります。
日本からヨーロッパ間の場合、ヨーロッパまでの所要時間は12~13時間程度。
また、近年ではドバイ、カタール、カイロ、イスタンブールからの経由も人気で、所要時間はヨーロッパと同じくらいです。
アジア経由の場合は、シンガポールやタイなどを利用することになります。他のルートと比べて割安ですが、所要時間は18~24時間と長く、場合によっては乗継ぎ時に1泊する必要があります。

サントリニ島

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. 9

    2018-5-17

    世界遺産・アンコールワットの魅力を徹底ガイド!おすすめの見学ルートやアクセスについても♪

    アンコールワットといえばカンボジアの一大観光スポットですね。 その大きな遺跡群は世界遺産にも登録され…
  2. museum_eye

    2018-5-10

    東京のオモシロ珍しい【7つの博物館】あなたの好奇心をくすぐります!

    東京には、あなたの好奇心をくすぐる オモシロ珍しい博物館がいっぱい!その中から「刀剣」「和紙」「寄生…
  3. tokushima_eye

    2018-5-4

    【徳島のおすすめ宿坊6選】お遍路の宿としても最適!寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!

    徳島は、四国八十八カ所を巡るお遍路の旅のスタート地点。お遍路を始めるにあたって、 徳島のお寺にある宿…
  4. Ginza2

    2018-4-26

    銀座には無料で楽しめる場所がいっぱい!高級な街の0円スポット16選

    銀座でぶらっと「銀ブラ」と昔から言いますね。え・・・しらない?(汗) 知らない方は覚えてくださいね。…
  5. meal_2.1

    2018-4-23

    寿司・餃子・肉…ぜんぶ0円!?本当に「タダ飯」できちゃうお店まとめ

    ぜ〜んぶタダ! 無料で楽しめるスポット特集遊びに行きたいけれどお財布がピンチ! できればレジャーには…

ピックアップ記事

  1. 福岡 もつ鍋 楽天地1
  2. amanohashidate_eye
  3. kasuga_eye

注目記事

  1. massage_eye

    2018-5-16

    【タイ古式マッサージ】タイに行ったら訪れたい!おすすめのお店16選

  2. kotakuji_eye

    2018-5-7

    若い女性に人気!鳥取【宿坊光澤寺】寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!新しいスタイルの宿坊!  

  3. koyasan_eye

    2018-5-1

    【高野山の人気宿坊5選】1度は泊まってみたい!寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!

ページ上部へ戻る