【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】76.ルクセンブルク市(ルクセンブルク・ヨーロッパ)【動画あり】

Luxembourg_eye

ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群(City of Luxembourg: its Old Quarters and Fortifications) ~ルクセンブルク~

「北のジブラルタル」と呼ばれる要塞都市

今回ご紹介するのは、ルクセンブルク(Luxembourg)にある世界遺産で、首都ルクセンブルク市の丘の上にある旧市街と要塞です。
世界遺産に登録されている正式名称は、『ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群』です。
蛇行して流れる川に3方を囲まれた断崖上に築かれた、難攻不落の要塞を兼ねた街。
それが、ルクセンブルク市なのです。

ルクセンブルク大公国は、フランス、ベルギー、ドイツに囲まれた小さな国で、面積は神奈川県ほどしかありません。
ルクセンブルクの始まりは、「ボックフェルゼン」と呼ばれる岩山に築かれた要塞『ルシリンブルク』(「小さな城」を表します)。
これが、ルクセンブルクの国名の由来にもなっています。

Bock Casemates

もともと断崖の上にあった天然の要塞に、14〜15世紀頃、ヴェンツェル2世により環状の城壁『ヴェンツェルの環状城壁』が築かれ、その内側に沿って市街地も拡大していきました。
しかし、その後スペイン、フランス、オーストリアなどの大国に支配されてしまいます。
その間、全長約20キロメートルにも渡るカズマット地下道要塞)も巡らされ、やがてルクセンブルクは堅固な要塞都市となっていき、「北のジブラルタル」と呼ばれるようになります。

Luxembourg

1815年、『ルクセンブルク大公国』(Grand Duchy of Luxembourg)として独立。
1867年には「永世中立国」となり、要塞は取り壊されていくのですが、1948年に再び、永世中立を放棄してしまいます。
そのため、取り壊されなかった要塞が歴史の証人として、現在まで残っているのです。

旧市街には、『ヴェンツェルの環状城壁』の一部が今も残っています。
その他、ボックフェルゼンの岩山に築かれた要塞『ボックの砲台』(Casemates du Bockや、17世紀に建てられたヨーロッパの代表的ゴシック建築といわれる『ノートル・ダム大聖堂』(Notre-Dame Cathedral)や、中央ヨーロッパでは珍しいスペインとイスラムの建築様式が融合した『大公宮殿』(Grand Ducal Palace)など、旧市街に残る統治国の建造物が、ルクセンブルクの波瀾に満ちた歴史を物語っています。

Cathedral Notre Dame

ポック砲台から崖淵の散歩道コルニッシュ(Le Chemin de la Corniche)が続き、
下から見上げた崖上の旧市街の眺めもすばらしいので、訪れた際には見上げることをお忘れなく

Luxembourg_2

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「ルクセンブルク(ルクセンブルク)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
ルクセンブルク
へは、飛行機、もしくは鉄道で行くことができます。

飛行機の場合
飛行機でルクセンブルクへ行くには、日本からの直行便はありませんので、
ここでは、パリ(フランス)経由、もしくはフランクフルト(ドイツ)経由をご紹介します。
■ 日本 → パリ(飛行時間:約12時間30分) → ルクセンブルク(飛行時間:約1時間)
■ 日本 → フランクフルト(飛行時間:約12時間30分) → ルクセンブルク(飛行時間:約45分)
※ヨーロッパ内都市を経由する路線は、この他にもある場合があります。

列車の場合
パリ(フランス)、もしくはブリュッセル(ベルギー)から列車移動する方法が、一般的です。
■パリ (TGV)→ ルクセンブルク(所要時間:約2時間10分)
■ブリュッセル(Eurocities) → ルクセンブルク(所要時間:約3時間)

ルクセンブルク

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. 9

    2018-5-17

    【世界遺産・アンコールワットの魅力を徹底ガイド!】おすすめの見学ルートやアクセスについても♪

    アンコールワットといえば カンボジアの一大観光スポットですね。 その大きな遺跡群は世界遺産にも登録…
  2. soup_eye

    2018-5-17

    タイ料理の代表格!トムヤムクンが美味しいおすすめの店まとめ

    『トムヤムクン』(Tom yum goong) は、 辛味と酸味、そして複雑な香りが特徴的な、有名な…
  3. museum_eye

    2018-5-10

    東京のオモシロ珍しい【7つの博物館】あなたの好奇心をくすぐります!

    東京には、あなたの好奇心をくすぐる オモシロ珍しい博物館がいっぱい!その中から「刀剣」「和紙」「寄生…
  4. tokushima_eye

    2018-5-4

    【徳島のおすすめ宿坊6選】お遍路の宿としても最適!寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!

    徳島は、四国八十八カ所を巡るお遍路の旅のスタート地点。お遍路を始めるにあたって、 徳島のお寺にある宿…
  5. Ginza2

    2018-4-26

    銀座には無料で楽しめる場所がいっぱい!高級な街の0円スポット16選

    銀座でぶらっと「銀ブラ」と昔から言いますね。え・・・しらない?(汗) 知らない方は覚えてくださいね。…

ピックアップ記事

  1. 匠寛堂1
  2. ponshukan_eye
  3. 福岡 もつ鍋 楽天地1

注目記事

  1. massage_eye

    2018-5-16

    【タイ古式マッサージ】タイに行ったら訪れたい!おすすめのお店16選

  2. kotakuji_eye

    2018-5-7

    若い女性に人気!鳥取【宿坊光澤寺】寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!新しいスタイルの宿坊!  

  3. koyasan_eye

    2018-5-1

    【高野山の人気宿坊5選】1度は泊まってみたい!寺社に泊まる旅特集♪心身ともにリフレッシュ!

ページ上部へ戻る