旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 【100】:ホテル アイゼンフット (ドイツ ローテンブルグ)【永久保存版】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%91

ホテル アイゼンフット Hotel Eisenhut

ドイツ・ロマンチック街道の観光のハイライトの街・ローテンブルグ。

そのローテンブルグの市内中心部に位置するアンティーク調でロマンティックなホテルが「ホテル アイゼンフット」です。

旧市街のメインストリート・中世貴族の館が軒を連ねるヘルガッセに佇むクラシカルな建物で、
15世紀から18世紀に建てられた貴族の邸宅4館からなる老舗クラシックホテルです。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%93
ホテルは道路を挟んで2棟に分かれていて、
館内はロビーに足を踏み入れただけで、圧倒されそうなアンティーク家具や調度品があしらわれ、
中世のムードが漂うまるで美術館のようなクラシカルな空間です。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92
全78室の客室もお部屋のタイプにより異なりますが、
特別仕様でこだわりのアンティーク家具や一点ものの美術品が備えられ、
それぞれ白や淡いピンクなど優しい色調のファブリックを配し、
シックで上品な空間を演出しています。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%94
レストランは美しい庭園を眺めながら地元のお料理やワインをはじめ、世界各国の料理をご堪能いただけます。
夏には、地元で人気のビアガーデンをお楽しみください。
また静かなテラスでの中世の街並みを眺めながらの朝食はまた格別です。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%95

【ホテル アイゼンフット (ドイツ ローテンブルグ) ホテル紹介動画】


Herrngasse 3-5/7, 91541 Rothenburg ob der Tauber, ドイツ

【ホテル アイゼンフット (ドイツ ローテンブルグ) への行き方・アクセス】

日本からローテンブルグへ行く場合、ローテンブルグには空港がありませんので、
日本から直行便が運行しているドイツの都市、フランクフルトまたはミュンヘンを目指し、
そこから鉄道で行くのが一般的です。

フランクフルトから鉄道を利用する場合、フランクフルトからヴュルツブルグで乗り換え、
そのままシュタイナッハまで行き、乗り換えてローテンブルグに着きます。(所要時間:約3時間)

ミュンヘンから鉄道を利用する場合も同様に、ミュンヘンからヴュルツブルグで乗り換え、
シュタイナッハまで行き、乗り換えてローテンブルグというルートで着きます。(所要時間:約3時間)

オンシーズン(夏場)には、ロマンチック街道を走るバスも運行していますので、
そちらを利用して、ローテンブルグへ行くこともできます。

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る