【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】22.スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ(スイス)

jungfrau

スイスの『ユングフラウ』(Jungfrau:ドイツ語で:Jungfrau 「乙女」「処女」の意味)は、スイスベルン州のベルナー・オーバーラント地方にあるアルプス山脈の山で、ユングフラウ山地の最高峰です。
アイガー(3970メートル)北壁が圧倒的な迫力をもって迫るグリンデルワルド(標高1054メートル)から、トンネルでアイガー山腹を貫く登山電車の終点が、標高3454メートル、ヨーロッパ最高所の鉄道駅「ユングフラウヨッホ」です。展望台からは、長さ23キロメートルとアルプス最長の「アレッチ氷河」の大展望が望めます。

jungfrau2

断崖の淵のへばりつくように広がる、標高1645メートルの村が「ミューーレン」。谷の対岸のアイガー、メンヒ(4099メートル)、ユングフラウ(4154メートル)など、3つの山が麓からの全景が見え、その姿は壮観です。時間が自由になるのであれば、展望には午後遅くがおすすめ。峰々がピンクに染まる夕暮れ時の光景は格別です。

Schilthorn
映画「女王陛下の007」の舞台となった「シルトホルン」(2971メートル)にロープウェーで登ると、3つの山の姿はさらに雄大となり、360度の壮大なパノラマが広がり、そこはまさに「ハイジ」の世界となります。

ユングフラウ

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る