『奈良公園』野生の鹿を見に行こう!観光スポットや見所をご紹介!(奈良県)

Nara_eye3

奈良」といえば何を思い出しますか?

今回は「神様のお使い」とも言われる「鹿」が
1,000頭以上も暮らしている『奈良公園』をご紹介します。

Nara_eye

万葉集にも詠われている広大な公園

奈良公園』は、奈良市街の東一帯、春日野大社、東大寺、
興福寺などの古い社寺仏閣の広々とした境内から、
平安朝以来、春日大社の神域として人の手が入らず、
原始林の生い茂る春日奥山までの
東西4キロメートル、南北2キロメートルにおよぶ広大な都市公園です。

美しい芝生と樹齢1000年の松木立におおわれ、都市部にありながら
豊かな自然が楽しめます。

古くから生息している鹿は、1,000頭を越えます。
奈良公園の鹿は国の天然記念物に指定されている
野生動物です。飼育されているわけではありません。
このように、市街地に野生の鹿が人と共存している場所は
奈良以外にはありません。
だから、奈良公園の鹿は地元の人だけでなく、
外人を含む観光客からもとても親しまれています

Nara_eye2

また、飛火野(とびひの)や雪消の沢(ゆきげのさわ)など
古歌で詠(うた)われた名所が、今も静かに残っています。

さらにその奥には、「山焼き」で知られる若草山、春日山、
高円山と、古都奈良を抱くように青い山々が連なっています。

奈良公園には、さまざまな種類の植物が生息していて、
その中には巨樹や名木も多く、かなり珍しい植物もあるそうです。
春日山原始林」(世界遺産・特別天然記念物)をはじめ、
奈良のシカ」「春日大社ナギ樹林」「知足院ナラノヤエザクラ
ルーミスシジミ棲息地」など、天然記念物が数多くあります。

春日山原始林

春日山原始林

このように、奈良公園内には多くの国宝指定や
世界遺産登録物件が点在していて、
日本を代表する観光地としても人気を誇ります。

もちろん、年間を通じて日本のみならず
海外からの観光客もたくさん訪れ、人気の高さがわかります。

四季を感じながら散策しよう

奈良公園』は、四季折々の情緒を感じることができる
色とりどりの花木もたくさんあります。

春には、1,700本ものさまざまな桜が咲き誇る花見の名所です。

Nara_3

秋には、紅葉スポットとして人気が高く、
モミジ、イチョウ、ナンキンハゼなどの木々が
徐々に色づき、古都の静かな雰囲気の中、
自然散策を楽しむことができます。

ページ:

1

2

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. lon_eye

    2020-7-8

    【2020年最新!】『ロンドン』の定番観光スポット14選

    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
  2. gift_eye

    2020-7-3

    これで迷わない!【台湾のお土産8選】パイナップルケーキだけじゃない🍍

    日本からも近く、海外旅行先としても人気を集める『台湾』。 気軽に行け、ご飯もとってもおいしい台湾は、…
  3. hotel_eye

    2020-7-1

    【2020年最新版】一度は泊まってみたい世界最高峰 海外ホテル10選!

    旅行といえば、観光やグルメはもちろんですが、 どんなホテルに泊まるかということも楽しみの1つですよね…
  4. nz_eye

    2020-6-29

    【ニュージーランド】が日本人におすすめな6つの理由✨こんなに魅力がいっぱい!

    南半球にある「ニュージーランド」。 昨年のラグビーワールドカップでも注目されましたよね。 日本人の旅…
  5. lunch_eye

    2020-6-23

    【京都おすすめの絶品ランチ40選】絶対にはずさない美味しさ!

     観光におでかけに、見どころがたくさんあって素敵な街、京都。 また京都には、おすすめのランチスポット…

ピックアップ記事

  1. hoshino_eye
  2. fuk_joshitabi_eye

注目記事

  1. bali_gift_eye

    2020-7-7

    【2020年バリ島人気のお土産17選】買うべきお土産はこれだ!

  2. cafe_eye

    2020-7-2

    『幻のショートケーキ』が味わえる、新宿の隠れ家カフェが素敵すぎる💖

おすすめ記事

  1. lon_eye
    イギリス初心者の方、必見です世界中の人々を魅了し続ける街、ロンドン。 日本からの渡航客も多く、「一度…
  2. gift_eye
    日本からも近く、海外旅行先としても人気を集める『台湾』。 気軽に行け、ご飯もとってもおいしい台湾は、…
ページ上部へ戻る