『大阪市天王寺動物園』奇跡のニワトリもいるよ!園内の動物やレストランをご紹介!(大阪府)

Tennojizoo_eye

大阪市天王寺動物園』(通称:天王寺動物園)は、
大阪市の天王寺公園内にある、大阪市立の動物園です。

開園は1915年(大正4年)、日本で3番目に長い歴史をもつ動物園で、
約200種1000点の動物が飼育されています。

奇跡のニワトリ」として、話題になった人気者「マサヒロ」くんも
ここにいますよ。
マサヒロ」くんについての秘話もお話しします!

では、天王寺動物園の各ゾーンについて、説明していきましょう。

【アフリカサバンナゾーン】

天王寺動物園の中でも、特におすすめのゾーン。
アフリカサバンナゾーン」は、東アフリカの国立公園をイメージして造られ、
2006年にオープンしました。

Tennojizoo_2まるでジャングルや、本物のサバンナを歩いているかのようなコースとなっていて、
ライオンキリンシマウマなどの自然に近い姿を見ることができます。
世界で一番背の高い、アミメキリンもここにいますよ。

【アジアの熱帯雨林ゾーン】

「生態的展示」を取り入れ、
アジアの熱帯雨林をモデルにした環境の中で、迫力のあるゾウを見ることができます。

夜行性動物舎」の入り口をくぐると、そこはまるで洞窟の中。
暗闇の中を動く動物たちの姿を見ることができ、
日本ではここでしか見ることのできない「キーウィ」も見ることができます。

また周辺には、コアラ館サル・ヒヒ舎があり、
いろいろな種類のサルを観察することができます。

Tennojizoo_3

【鳥の楽園ゾーン】

鳥の楽園」では、施設内に泉やダム、せせらぎや森林、湿地、池などが造られ、
自然が再現されています。
ここにいる鳥たちは、自由に頭上を舞い、巣作りやエサを食べる姿など、
生き生きと命を育む姿を、網やガラスを通さずに見ることができます。

また、アシカプールでは、気持ちよさそうに泳ぐアシカを見ることができ、
周辺にある「クマ舎」では、4種類のクマ(ホッキョクグマ、メガネグマ、
ニホンツキノワグマ、マレーグマ)がいて、それぞれクマごとの特徴などを見ることができます。

Tennojizoo_5

【ふれあい広場】

ふれあい広場」では、普段はなかなかふれあう機会がない動物たちと
ふれあうことができます。
より身近に動物の温かさを感じて、「生命のすばらしさ、尊さ」を
感じることができる空間です。

ここでは、ヒツジヤギへのエサやりや、テンジクネズミとのふれあいができるので、
要チェックです

Tennojizoo_4

奇跡のニワトリ マサヒロくん

天王寺動物園には「奇跡のニワトリ」や「幸運のニワトリ」と呼ばれ、
会えると幸せになれる」と言われているニワトリがいます。
その名も「マサヒロ」くん。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. meal_2.1

    2018-4-23

    寿司・餃子・肉…ぜんぶ0円!?本当に「タダ飯」できちゃうお店まとめ

    ぜ〜んぶタダ! 無料で楽しめるスポット特集遊びに行きたいけれどお財布がピンチ! できればレジャーには…
  2. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  3. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る