【クラシック最高峰の音楽祭】クラシックファン憧れのザルツブルク音楽祭の行き方・チケットの入手方法

2

オーストリアのザルツブルクで、
毎年夏に開かれている音楽祭を知っていますか?

モーツァルトを記念した音楽祭で、
世界でもっとも高級で世界最大の音楽祭なんですよ。

おとぎ話の中のうような素敵な都、オーストリアのザルツブルクで
音楽の祭典を堪能してみませんか?

ザルツブルク夏の音楽祭について

szg_music_1

ザルツブルク夏の音楽祭は、
モーツァルトの誕生の地のこの街で、
毎年7月後半~8月末まで開催される音楽祭なんです!
ドイツ語で
Salzburger Festspiele (ザルツブルガー・フェストシュピーレ)
と言います。

第一次世界大戦の終わり頃から始まり、
今やその時代々の高名な監督、指揮者、俳優が集う様になり、
名指揮者『カラヤン』が芸術監督に就任してからは、
トップ・アーティストや、一流オーケストラが集結する
クラシック音楽界最大のフェスティバルに発展したそうです!

中世の色が残る美しい旧市街は、
歴史地区としてユネスコ世界遺産に登録されていて
音楽ファンならずとも是非訪れてみたい街♪
小さな街なので、音楽祭を楽しみながら観光も手軽にできます♫
なので、世界から音楽と観光を楽しむ人達が、たくさん訪れているそうです。

行ったらここをチェック!

モーツァルトの生家

1

このイエローに塗られた建物は、
ザルツブルク旧市街の最も繁華な場所のゲトライデガッセに建つ、
モーツアルトの生家!
天才作曲家モーツァルトが、1756年1月27日に生まれてから
思春期まで過ごした家なんです。

在この建物はミュージアムとして使われ、
モーツァルト一家の住まいの様子やモーツアルトが使用した楽器
(幼少時に使用していたバイオリン等)、楽譜や手紙、
一家の肖像画などを展示し、音楽ファンならずとも、絶対訪れたいスポットですよ。

■ 基本情報

  • 名称: Mozart Geburtshaus(モーツァルトの生家)
  • 住所: Getreidegasse 9, A-5020 Salzburg
  • 営業時間:9:00~17:30 (但し7・8月は9:00~20:00)
  • 料金: 10€
  • 公式サイトURL:http://www.mozarteum.at/en.html

ミラベル宮殿&ガーデン

szg_music_2

みなさんご存知の、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中で、
マリアとトラップ一家の子供たちが「ドレミの歌」を歌った宮殿です!
季節ごとに綺麗に手入れされた見事な庭園は、目がさめるような絶景ですよ。

■ 基本情報

  • 名称:ミラベル宮殿 
  • 住所: Schloß Mirabell, Mirabellgarten(ミラベル宮殿とミラベル庭園)
  • 営業時間: 《宮殿》毎日約8:00~18:00 《庭園》6:00~日没

オペラ・音楽・演劇を広く楽しめる

szg_music_3

クラシックファン憧れのザルツブルク音楽祭のメイン会場で、
メンフィスベルクの岩壁をくりぬいて造られている、岩肌の劇場です。
人気のオペラや演奏会が、盛大に行われます。
ウィーンフィルでのモーツァルトのピアノ協奏曲なども堪能♪
贅沢な企画ですね。

大きな会場なのですが、結構どの席からも視界が開けているそうで、
ちょっと格安な2F、3F席でも楽しめます。
コンサートの合間にはシャンパンを飲んで、
格式高い優雅な雰囲気を楽しむことができますよ。
私が観たいオペラは、音楽祭でも人気演目である
リヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」!
知っている方は多いと思いますが、
近年宝塚歌劇団がこれをアレンジした物を上演していますね。

レスコードも最近では観光客も多くなり、男性はスーツにネクタイ、
女性はワンピースや簡単なスーツでもOkのようです。
もちろん、ガッツリ格式ある正装なら、尚goodです♪

そもそも私がヨーロッパ行った目的はこれ。
ザルツブルク音楽祭!! 最高でした。

ホーエンザルツブルク城塞

旧市街を取り囲むメンヒスベルクの丘に建てられた、
ホーエンザルツブルク城塞です。
1077年に、大司教ゲプハルト・フォン・ヘルフェンシュタイン1世に
よって建てられてから、
歴代大司教により増改築が繰り返された、巨大な司教の居城なんです。

荘厳な広間や入り組んだ回廊に囚人の塔!
拷問部屋などもあったりして、その時代のありようが垣間見れます。
城塞までは徒歩で登れますが、大聖堂の裏手には
ケーブルカー(有料)で簡単に行けます♪
楽して行っても、ゆったり歩いて行っても
素敵な景色が見れるのは同じなので、そこはお好みでどうぞ。

■ 基本情報

  • 名称:Festung Hohensalzburg(ホーエンザルツブルク城塞)
  • 住所: Mönchsberg 34, 5020 Salzburg
  • ・営業時間:
    【10~4月】9:30~17:00
    【5~9月】9:00~19:00
    【クリスマス・イースター時】9:00~18:00
  • 料金: ケーブルカー付(大人)11€ 徒歩(大人)7.8€
  • 公式サイトURL: http://www.salzburg-burgen.at/en/hohensalzburg/index.htm

ページ:

1

2

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. shibuya_cafeeye

    2019-5-30

    渋谷で人気&おすすめのお洒落カフェ19選 雰囲気バツグンでゆったり過ごせる!

    渋谷に行ったら行きたい、お洒落カフェ 渋谷にはオシャレなカフェはもちろん、 オーナーこだわり…
  2. matsuri_eye

    2019-5-29

    ユネスコ無形文化遺産へも提案された!絢爛豪華な地域の祭30選

    ユネスコ無形文化遺産に提案されたほどの、 豪華絢爛伝統文化の祭を31ツ紹介していきます! …
  3. enoshima_eye

    2019-5-26

    江ノ島の人気&おすすめ観光スポット10選

    神奈川県の定番の観光スポットであり、定番のデートスポットでもある「江ノ島」。 海も好きだし、カッコイ…
  4. taiwan_eye

    2019-5-22

    台湾に行ったら絶対に食べたい!名物の美味しい小籠包の人気&おすすめのお店5選

    台湾といえば小龍包です。 たくさんの小龍包のお店が並んでいて、 どこに行ったらいいか迷う…という方も…
  5. stngift_eye

    2019-5-21

    東京駅構内で買える人気お土産ランキングベスト10

    東京駅構内で購入できる人気のお土産を 勝手にランキングしてみました時間がない乗り換えの途中でも、パパ…

ピックアップ記事

  1. yukimi_eye
  2. nagano_spoteye
  3. hito_eye

注目記事

  1. shirahone_gourmeteye

    2019-5-30

    白骨温泉で絶対に行きたいグルメスポット7選

  2. rest_eye

    2019-5-29

    360度パノラマビューと美味しい食事が楽しめる回転レストラン10選 特別な日はこんな場所で食事したい!

  3. station_eye

    2019-5-23

    ここはホントに駅ですか?日本全国にあるちょっと変わったユニークな駅15選

ページ上部へ戻る