【クラシック最高峰の音楽祭】クラシックファン憧れのザルツブルク音楽祭の行き方・チケットの入手方法

2

オーストリアのザルツブルクで、
毎年夏に開かれている音楽祭を知っていますか?

モーツァルトを記念した音楽祭で、
世界でもっとも高級で世界最大の音楽祭なんですよ。

おとぎ話の中のうような素敵な都、オーストリアのザルツブルクで
音楽の祭典を堪能してみませんか?

ザルツブルク夏の音楽祭について

szg_music_1

ザルツブルク夏の音楽祭は、
モーツァルトの誕生の地のこの街で、
毎年7月後半~8月末まで開催される音楽祭なんです!
ドイツ語で
Salzburger Festspiele (ザルツブルガー・フェストシュピーレ)
と言います。

第一次世界大戦の終わり頃から始まり、
今やその時代々の高名な監督、指揮者、俳優が集う様になり、
名指揮者『カラヤン』が芸術監督に就任してからは、
トップ・アーティストや、一流オーケストラが集結する
クラシック音楽界最大のフェスティバルに発展したそうです!

中世の色が残る美しい旧市街は、
歴史地区としてユネスコ世界遺産に登録されていて
音楽ファンならずとも是非訪れてみたい街♪
小さな街なので、音楽祭を楽しみながら観光も手軽にできます♫
なので、世界から音楽と観光を楽しむ人達が、たくさん訪れているそうです。

行ったらここをチェック!

モーツァルトの生家

1

このイエローに塗られた建物は、
ザルツブルク旧市街の最も繁華な場所のゲトライデガッセに建つ、
モーツアルトの生家!
天才作曲家モーツァルトが、1756年1月27日に生まれてから
思春期まで過ごした家なんです。

在この建物はミュージアムとして使われ、
モーツァルト一家の住まいの様子やモーツアルトが使用した楽器
(幼少時に使用していたバイオリン等)、楽譜や手紙、
一家の肖像画などを展示し、音楽ファンならずとも、絶対訪れたいスポットですよ。

■ 基本情報

  • 名称: Mozart Geburtshaus(モーツァルトの生家)
  • 住所: Getreidegasse 9, A-5020 Salzburg
  • 営業時間:9:00~17:30 (但し7・8月は9:00~20:00)
  • 料金: 10€
  • 公式サイトURL:http://www.mozarteum.at/en.html

ミラベル宮殿&ガーデン

szg_music_2

みなさんご存知の、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中で、
マリアとトラップ一家の子供たちが「ドレミの歌」を歌った宮殿です!
季節ごとに綺麗に手入れされた見事な庭園は、目がさめるような絶景ですよ。

■ 基本情報

  • 名称:ミラベル宮殿 
  • 住所: Schloß Mirabell, Mirabellgarten(ミラベル宮殿とミラベル庭園)
  • 営業時間: 《宮殿》毎日約8:00~18:00 《庭園》6:00~日没

オペラ・音楽・演劇を広く楽しめる

szg_music_3

クラシックファン憧れのザルツブルク音楽祭のメイン会場で、
メンフィスベルクの岩壁をくりぬいて造られている、岩肌の劇場です。
人気のオペラや演奏会が、盛大に行われます。
ウィーンフィルでのモーツァルトのピアノ協奏曲なども堪能♪
贅沢な企画ですね。

大きな会場なのですが、結構どの席からも視界が開けているそうで、
ちょっと格安な2F、3F席でも楽しめます。
コンサートの合間にはシャンパンを飲んで、
格式高い優雅な雰囲気を楽しむことができますよ。
私が観たいオペラは、音楽祭でも人気演目である
リヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」!
知っている方は多いと思いますが、
近年宝塚歌劇団がこれをアレンジした物を上演していますね。

レスコードも最近では観光客も多くなり、男性はスーツにネクタイ、
女性はワンピースや簡単なスーツでもOkのようです。
もちろん、ガッツリ格式ある正装なら、尚goodです♪

そもそも私がヨーロッパ行った目的はこれ。
ザルツブルク音楽祭!! 最高でした。

ホーエンザルツブルク城塞

旧市街を取り囲むメンヒスベルクの丘に建てられた、
ホーエンザルツブルク城塞です。
1077年に、大司教ゲプハルト・フォン・ヘルフェンシュタイン1世に
よって建てられてから、
歴代大司教により増改築が繰り返された、巨大な司教の居城なんです。

荘厳な広間や入り組んだ回廊に囚人の塔!
拷問部屋などもあったりして、その時代のありようが垣間見れます。
城塞までは徒歩で登れますが、大聖堂の裏手には
ケーブルカー(有料)で簡単に行けます♪
楽して行っても、ゆったり歩いて行っても
素敵な景色が見れるのは同じなので、そこはお好みでどうぞ。

■ 基本情報

  • 名称:Festung Hohensalzburg(ホーエンザルツブルク城塞)
  • 住所: Mönchsberg 34, 5020 Salzburg
  • ・営業時間:
    【10~4月】9:30~17:00
    【5~9月】9:00~19:00
    【クリスマス・イースター時】9:00~18:00
  • 料金: ケーブルカー付(大人)11€ 徒歩(大人)7.8€
  • 公式サイトURL: http://www.salzburg-burgen.at/en/hohensalzburg/index.htm

ページ:

1

2

関連記事

こちらの記事もチェック!

  1. hotel_eye

    2020-7-1

    【2020年最新版】一度は泊まってみたい世界最高峰 海外ホテル10選!

    旅行といえば、観光やグルメはもちろんですが、 どんなホテルに泊まるかということも楽しみの1つですよね…
  2. nz_eye

    2020-6-29

    【ニュージーランド】が日本人におすすめな6つの理由✨こんなに魅力がいっぱい!

    南半球にある「ニュージーランド」。 昨年のラグビーワールドカップでも注目されましたよね。 日本人の旅…
  3. lunch_eye

    2020-6-23

    【京都おすすめの絶品ランチ40選】絶対にはずさない美味しさ!

     観光におでかけに、見どころがたくさんあって素敵な街、京都。 また京都には、おすすめのランチスポット…
  4. vietnam_gift_eye

    2020-6-19

    今、大注目!【ベトナム】で買うべき人気お土産ランキングTOP20

    近年、女子旅で注目されている旅行先が 東南アジアの「ベトナム」ですそこで、今回はそんな今人気沸騰中の…
  5. osaka_sweets_eye

    2020-6-18

    【2020年版】大阪女子旅で行きたい!最旬おしゃれカフェ&スイーツ10選🍦

    そろそろ国内旅行にでかける計画を立てている人もいらっしゃると思います。 営業再開したUSJなど、多く…

ピックアップ記事

  1. fuk_joshitabi_eye
  2. maldives_eye

注目記事

  1. cafe_eye

    2020-7-2

    『幻のショートケーキ』が味わえる、新宿の隠れ家カフェが素敵すぎる💖

  2. glamping_eye

    2020-6-26

    人気急上昇⤴!【関西おすすめグランピングスポット8選】⛺

おすすめ記事

  1. hotel_eye
    旅行といえば、観光やグルメはもちろんですが、 どんなホテルに泊まるかということも楽しみの1つですよね…
  2. nz_eye
    南半球にある「ニュージーランド」。 昨年のラグビーワールドカップでも注目されましたよね。 日本人の旅…
ページ上部へ戻る