寝台特急「北斗星」をイメージしたホテル『トレインホステル北斗星』が馬喰町にオープン!

%e5%8c%97%e6%96%97%e6%98%9f2

『トレインホステル北斗星』2016年12月15日 馬喰町にオープン!

2016年12月15日、日本橋馬喰町に寝台列車をコンセプトとして、
細部に至るまで、寝台特急「北斗星」を忠実に再現した昭和レトロなホテル
『トレインホステル北斗星』が誕生しました。

その内装も、ほとんどが実際に走っていた寝台特急「北斗星」で使われていた備品を再利用したものです。
鉄道ファンはもちろんのこと、寝台列車の旅に憧れる方にとって、ぜひ体験してみたいホテルではないでしょうか。

寝台特急「北斗星」とは
%e5%8c%97%e6%96%97%e6%98%9f

寝台特急「北斗星」は、かつて上野駅と札幌駅を繋ぐブルートレインとして、1988年3月、青函トンネルの開通とともに運行を開始しました。

その後、「ブルートレイン」ブームを巻き起こり、カメラを手に、駅のホームへ写真を撮りに行ったという方も多いのではないでしょうか?
人々の旅にかける想いを乗せて走り続けた「北斗星」は、2015年8月に惜しまれつつ、27年の歴史に幕を閉じました。

今回「トレインホステル北斗星」として生まれ変わった「北斗星」は、単なる移動手段ではなく、ヨーロッパの豪華列車を模した外観やエンブレムなどを採用するなど、旅そのものを楽しむために作られた車両であったことが最大の特徴です。

中でも最高級の個室「ロイヤル」は、ビデオやオーディオ装置、専用シャワールームとトイレを備え、ウェルカムドリンクやモーニングコーヒー、朝刊サービスといった至れり尽くせりなホスピタリティを誇っていました。
また個室以外にも様々なタイプの客室が用意され、車窓を楽しむためのロビールームやシャワールーム、食堂車“グランシャリオ”なども備えており、「走るホテル」と呼ばれたほどの豪華さでした。

その「北斗星」の実車に使われていたパーツを内装に使用したのが「トレインホステル北斗星」です。
入口には「北斗星」のヘッドマーク、中へ入ると壁面に牽引機関車の型番と特徴的なブルーのデザインがあしらわれ、ホテルのフロントは列車の方向幕のような書体と形式の案内板が掛かり、これだけで否が応でも旅気分が盛り上がるしつらえとなっています。
%e5%8c%97%e6%96%97%e6%98%9f%ef%bc%93

便利な立地&リーズナブルな料金

1階がフロント、2階がラウンジとキッチン、客室があり、3~5階はすべて客室、6階にはシャワーとランドリーという「ビル丸ごと寝台車」という個性的な宿泊施設「トレインホステル北斗星」は、東京駅までJR総武線快速で5分という便利な場所に立地しています。

館内の寝台やイスなどは、実際に北斗星で使われていたものを移設。
背もたれを倒すとベッドになるシートや読書灯などの明かり、洗面台の三面ミラー、廊下にあった折りたたみ式のイス、寝台に上がるためのハシゴ、各扉などなど、鉄道マニアも驚くほど細かな部分まで内装部品が各所に使われています。

また寝台には枕、敷布団、掛け布団が用意され快適に眠ることができますが、「当時の雰囲気を味わいたい」という人には、寝台に直接シーツを敷いてくれるという粋なサービスもあるそうです。

ホテルの定員は78名で、一泊の宿泊料金は男女混合ドミトリー内二段ベッド(54名分)が2500円から、女性専用ドミトリー内二段ベッド(22名分)が2800円から、男女混合または女性専用ドミトリー内のA個室(半個室で各1名分)が4000円からとなっています
(料金は税抜き。それぞれ季節変動あり)。
チェックインは16~23時、チェックアウトは11時、シャワーやランドリーは、24時間使用可能。

また、ロッカーやスーツケースを置くスペースがあり、長期滞在も可能で、全スタッフが英語での案内がOKという訪日外国人向けとしても機能します。

【『トレインホステル北斗星』 紹介動画】

①『1泊2,500円~の「トレインホステル北斗星」が想像以上に北斗星だった』

②『今月15日にオープン 「北斗星」が宿泊施設として復活』

③『寝台特急「北斗星」が宿泊施設として復活』

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る