日本だけじゃない!ドイツ・ボンに咲き誇る「桜並木」が悔しいほど美しい

ドイツ ボン 桜1

春といえば、。桜といえば、日本…?いえいえ、桜が美しい国は日本だけじゃない!
ドイツにある桜のトンネルが美しすぎるんです♪

桜は日本だけじゃない!ドイツの桜が日本越え!?

夜空を埋め尽くす桜の花。
とても妖艶で幻想的な光景が広がるのは、日本ではなくドイツの街!
ドイツのボン(Bonn)という街で、ライン川沿いにあります。

音楽好きの方なら、ベートーヴェンが生まれ、シューマンが亡くなった場所としてご存知の方も多いのでは?

ドイツ ボン 桜2

圧巻!ヘーア通りの桜並木

特に、ボンの旧市街地ヘーア(ヘーアシュトラーセ)通りの桜並木が有名です。
濃いピンクの鞠のような桜が頭上を埋め尽くし、多くの観光客の方が訪れるスポットになっています。
昼と夜で全く違った光景を見ることができますよ

ボンと日本の桜にまつわる○○な関係

ドイツ ボン 桜3

そんなボンで楽しめる美しい桜は、実はもともと日本の観賞用の桜だったんです!
1980年代にボン市が植えたと言われています。
日本でポピュラーなソメイヨシノとは違った八重桜がこんな形で見られるとは、なんだか嬉しいですね♪

散ったあとの桜はトンネルからカーペットへ

ドイツ ボン 桜4

たった2〜3週間で散ってしまう桜の花。
とても悲しいですが、散った後も美しい!石畳を覆う桜の花びらはまるでカーペット

まるっとした八重桜のトンネルも素敵ですが、美しくはかない桜の花びらで覆われた光景も見逃せません!

近くにはあの音楽家の生家も。

桜の美しいドイツのボンですが、ベートーヴェンが生まれた街としても有名。
現在、ベートーヴェンの生家は博物館となっており、
肖像画や楽器、手紙などのベートーヴェンゆかりの展示品を眺めることができます。

ボンに訪れる際にはこちらにも寄ってみてくださいね

ドイツのボンへは断然4月がオススメ!

最後に、桜の美しいドイツ・ボンの基本情報をまとめました。

『ドイツ・ボン ヘーア通り(Heerstrasse)』の住所、桜の見頃・おすすめの時期

住所: ドイツノルトライン ヴェストファーレン州ボン
オススメの時期:4月


いかがでしたか?
あなたも4月のドイツ・ボン訪れて、日本に負けず劣らずの桜を楽しんでみてくださいね

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る