【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【81】ボラボラ島(タヒチ・南太平洋)

borabora_eye

ボラボラ島 ~タヒチ~

ゴーギャンも愛した豊かな緑と限りなく透明な海!

日本から約1万キロメートルも離れた南太平洋に浮かぶ美しき島々、タヒチ。フランス人画家「ゴーギャン」(Gauguin)は、この地の豊かな自然と温かい人々、独特の文化に魅せられ数多くの作品を生み出しました。boraboraそんなタヒチの代名詞といえるのが『ボラボラ島』(Bora Bora)。島の周りをサンゴ礁がネックレスのように取り巻く姿から、「ポリネシアの真珠」とも呼ばれています。中央にそびえる「オテマヌ山」(Mount Otemanu)とエメラルドグリーンのラグーンが織りなす造形美は、ポスターや観光写真などでもおなじみだと思います。

世界指折りのラグーンの静けさと色彩の美しさ!

また、世界に数あるビーチリゾートのなかでも、ラグーンの穏やかさと色彩の美しさはトップクラス。海底が起伏に富んでいるため、ペパーミントグリーン、ブルーグリーン、ネイビー・・・とさまざまな青を生み出すのです。空港からスピードボートでリゾートに近づくにつれ、色が微妙に変化する様子に胸が高鳴り、いよいよ至福のバカンスの始まりですborabora2宿泊は、断然水上バンガローがオススメ
島内には10以上の水上バンガローがありますが、特権は目の前に広がるラグーンと、部屋から直接ダイブして熱帯魚と遊べること。なかには床がガラス張りのバンガローもあり、人気を呼んでいます。私は床が透明なので、少し怖ったのですが・・・
テラスで朝食を食べたり、デッキチェアでのんびり昼寝をしたり、水上スパでマッサージを受けたり。。。とことんのんびりするのは、なにものにも代えがたい贅沢です。spaもちろん、アクティビティも盛りだくさんなので、思い切り体を動かすのもいいでしょう。本格的なダイビング、サメやエイの餌付けスポットでのシュノーケリング、モツ(小島)でのピクニック、海底散歩ができるアクアサファリなどなど。。。楽しい時間が尽きることはありません。

遊び疲れたら満天の星を眺めながら、シーフードに舌づつみ。笑顔が似合うタヒチアンの心のこもったおもてなしも、島の魅力のひとつです。nightもっとボラボラ島について知りたい人はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【旅行のプロが選ぶ世界のビーチリゾートランキング】第4位 ボラボラ島(タヒチ)
旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ①ル タハア・アイランド・リゾート&スパ(タヒチ タハア島) 【永久保存版】

ワンポイントアドバイス
紫外線が強いので、日焼け止め、帽子、サングラスは必需品です。お忘れなく!

一部の高級リゾートレストランではドレスコードがありますが、基本的には南国風ファッションでOKです。

物価は日本より高め。おみやげはタヒチ伝統の100%植物オイル「モノイオイル」(MONOI Oil)が人気です。


ボラボラ島への行き方
日本からの国際線が着くタヒチ島のパペーテ(Papeete)から国内線で約50分です。

ボラ・ボラ島

関連記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  2. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…
  3. fushimiinari_eye

    2018-1-18

    圧巻の千本鳥居!『伏見稲荷大社』(京都府)

    京都は、日本人だけでなく、外国人からも 絶大な人気を誇る観光都市ですよね。では、そんな京都で、外国人…

ピックアップ記事

  1. fushimiinari_eye
  2. Gorah_eye
  3. Casa Caracol_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る