【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【59】カッパドキア(トルコ・中近東)

cappadocia_eye

カッパドキア ~トルコ~

想像をはるかに超えた自然の驚異!

類まれな自然の驚異が繰り広げられる『カッパドキア』(Cappadocia)は、標高1000メートルを超えるアナトリア高原中央部に広がる岩石地帯です。東にそびえる「エルジエス山」(Mount Erciyes)が噴火を繰り返し、溶岩と火山灰の馳走が交互に堆積。硬い溶岩の地層に比べ、火山灰の地層は浸食が早いため、”妖精の煙突”(ペリバジャ)と呼ばれる奇岩群を形成したのです。奇岩はさまざまな形をしていて、円錐形、尖塔形、キノコ形、帽子をかぶっているように見えるものまであります。capadocia天気がよければ、バルーンツアーに参加して、これらの奇岩を空から眺めるのもオススメです。数百基ものバルーンが風に乗って、同じ方向へ向かっていく様子はガイドブックなどでおなじみでしょう。
眼下には果てしなく続くうねる大地、芸術性に満ちた教会、不思議な奇岩・・・魅力的な風景が次から次へと展開していくので、1時間の旅はあっという間に過ぎていきます。

人間業?ミステリアスな巨大地下都市!

空を満喫したら、次は地下への旅をお楽しみください。3世紀半ば、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教修道士たちはカッパドキアに移り住み、軟らかい岩をくりぬいて巨大地下都市をつくりました。なかでも最大なのが「デリンクユ」(Derinkuyu)。地下8階、深さ65メートルにおよぶ巨大なものです。内部には通気口、井戸、ワイン製造所、食堂、居間、寝室、教会などが見られます。derinkuyu重機がない時代に、どのやってこのような穴を掘ったかは謎。また、敵から身を守るためとはいえ、太陽の光も届かない狭い空間に数千人が暮らしていたことも驚きです。

現在発見されているものはほんの一部で、まだ多数の地下都市が存在すると言われています。

ミステリアスなカッパドキアを心ゆくまで堪能するには、最低2~3泊されることをオススメします。奇岩に掘られた住居を客室にした洞窟ホテルは静かで快適。蛇口をひねるとワインが出て、無料で飲み放題!なんてサービスをしているホテルもあるとか。ワイン好きの方はぜひ調べてみてください。cave-hotel

もっとカッパドキアについて知りたい人はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
▷ 旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ?ミュージアム ホテル (トルコ カッパドキア)【永久保存版】
▷【旅行のプロが選ぶ 死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100】12.ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)

ワンポイントアドバイス
観光シーズンが4月~10月。なかでも、5月と9月が過ごしやすいです。冬場は積雪があり、かなり寒いのですが、雪をまとった奇岩の風景もなかなかのものです。

早朝のバルーンツアーは夏場でも肌寒いので、羽織るものを必ず持参してください。その他、滑りにくく、履き慣れた靴も必須です。

カッパドキアへの行き方
旅の起点はトルコの首都イスタンブール(Istanbul)。
成田、関西からの直行便があり所要時間は約13時間です。その他、アジア主要都市やヨーロッパ各都市からの経由便も多く、アクセスは非常に便利です。

イスタンブールからは国内線で約1時間半でカッパドキア観光の拠点カイセリ空港(Kayseri Airport)へ向かいます。

イスタンブールからは陸路もあり、時間のある場合は長距離バスを利用してトルコの風景を楽しむのもオススメです。(約13時間)

Cappadocia

関連記事

  1. castle_eye

    2017-12-15

    お城とスイーツのまち!『福知山』

    『福知山』(ふくちやま)と聞くと何を思い浮かべますか?正直、「これ!」といったイメージがないのではな…
  2. tree_eye

    2017-12-14

    大切な人と一緒に過ごそう♡『USJ』に奇跡のクリスマスツリーが登場!

    今や、日本人だけでなく、海外からの観光客にも大人気の ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。日…
  3. shichifukujin_eye

    2017-12-13

    知っていますか?阪急沿線で『七福神めぐり』ができるんです!

    『七福神』(しちふくじん)と呼ばれる神様たちは、 今、日本で最も知られていて、人気のある神様だといえ…

ピックアップ記事

  1. tree_eye
  2. shichifukujin_eye
  3. yamazaki_eye

注目記事

  1. Kyoto_eye

    2017-12-11

    京都駅から歩いて行ける!『京都水族館』

  2. link_eye2

    2017-12-9

    梅田のど真ん中に氷のスケートリンク!その名も『つるんつるん』!

  3. Arima_eye

    2017-12-5

    冬はやっぱり温泉でしょ!大阪から日帰りもできる『有馬温泉』

ページ上部へ戻る