【必見!動画あり】大人女子にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【8】タンナ島(バヌアツ・南太平洋)

vanuatu

タンナ島 ~バヌアツ~

南太平洋の未知なるパラダイス!

南太平洋に位置する「バヌアツ共和国」。日本ではあまり馴染みのない国かもしれませんが、実は未知なる魅力を秘めたリゾート地。
美しい自然に囲まれ、食べ物はすべてオーガニック。人々はやさしく、治安も良好。とにかく素朴で、HAPPYな国なのです。tannavolcanoバヌアツ共和国は83の島からなり、首都「ポートビラ」があるのは「エフェテ島」、観光のメインとなるのは「タンナ島」(Tanna)と「サント島」(Santo)。タンナ島のメインスポットは世界で一番火口近くから噴火の様子を見ることができる「ヤス―ル火山」(Mount Yasur)。爆発音とともに真っ赤な熔岩が噴きあがってくる瞬間は迫力満点です。

世界一幸せな原住民!

vanuatu2原住民の生活を垣間見ることができる「カスタムビレッジ」(custom village)も見逃せません。ココヤシ、タロイモ、マンゴーなどが自生し、現在でもほぼ自給自足の生活が続けられています。男性は藁のナンバス、女性は腰みののみといういでたち。電気もガスも通っていませんが、全く不自由に感じているようには見えません。互いに助け合い、幸せそうに暮らす姿を見ると、こちらまで思わず笑顔になります。ririblueholeバヌアツ共和国の中で一番大きな島が「サント島」。ここは6つのブルーホールが有名ですが、一番のオススメは「リリー・ブルーホール」です。驚くほど透き通った水の中をカヌーで20分。目の前に突然、見たことのないブルーの水が現れます。あまりの美しさに思わず息をするのも忘れてしまうかも。
ロープを使ってダイブするもよし、プカプカ浮くもよし、それぞれの方法で水遊びに興じることができます。champagnebeach

南太平洋の中で一番美しいといわれている「シャンパンビーチ」もぜひ訪れてください。海水と湧き水が混じる地点がシャンパンのようにキラキラ輝く様子は、思わずうっとり見とれてしまいます。人も少ないので、のんびり過ごすには最高のロケーションです。

あまり知られていませんが、エファテ島やサント島には洗練されたホテルも多くあります。よくあるリゾートではなく、素朴で手つかずの自然とたくさんの笑顔に満ちあふれた、大人女子には特におすすめのデスティネーションです。bluehole

ワンポイントアドバイス
素材の味を生かした料理はどれも美味しいです。有名なのは「バヌアツビーフ」。オーストラリアからわざわざ買いにくる人もいるんだとか。ホテルも洗練されているので、ハネムーンにもおすすめです
タンナ島でも火山観光には防寒具、懐中電灯が必須です。お忘れなく!

バヌアツへの行き方

☆現在、日本からポートビラへの直行便はありません。
一般的には、オーストラリアのシドニー、ブリスベン、ニューカレドニアのヌメア、フィジーのナンディー、ニュージーランドのオークランドなどの各空港からの乗り継いで行きます。

☆ポートビラからタンナ島へは、飛行機がほぼ毎日午前・午後1便ずつ運航していますが、機材が小さい場合もあるので、早めの予約が必要。国内線の荷物制限重量は10Kgで、飛行機が小さいため大きなものの機内持ち込みはできません。
タンナ島へは約1時間です。

☆ポートビラからサント島のペコア空港へは飛行機で約45分。直行便が毎日2便づつ往復しています。空港からルーガンビル市内まで約5キロメートルで、タクシーかミニバスを利用するのが一般的。

バヌアツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る