【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【6】アメリカのエッグベネディクト(アメリカ・北米)

eggbenedict_eye

朝食の定番エッグベネディクト ~アメリカ~

銀行員や作家、由来には諸説あり!

朝食、特に旅行中の朝食には卵料理はなくてはならないものですよね。
それは、一体どうしてか・・・?

卵は、栄養学的には完璧なのです。
1つの卵にタンパク質、カルシウム、鉄分など、ビタミンCを除けば、ほぼすべての栄養素が含まれているんです
朝食には卵を。。。というのもうなずけますね。

今回ご紹介したいのは、日本でも大ブームとなりました、朝食の定番『エッグベネディクト』(Eggs Benedict)です。
イングリッシュマフィンを半分にして、ハムやベーコン、もしくはサーモンにポーチドエッグを重ねて、オランデーズソースをかけたものです。eggbenedict

エッグベネディクトの発祥には、いくつか説があります。

アメリカの雑誌『ザ・ニューヨーカー』(The New Yorker)のコラム『Talk of the Town』(街の話題)には、次の話が掲載されています。
1894年のことですが、ウォール・ストリート株式仲買人のレミュエル・ベネディクトが、ウォルドルフホテル(アメリカを代表する最高級ホテル。現在は「ザ・ウォルドルフ・アストリア(Waldorf Astoria New York)」)を訪れ、二日酔いを直すために『バターを塗ったトースト、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコンと一口分のオランデーズ』を注文しました。当時、とても有名だった支配人のオスカー・チルキー (Oscar Tschirky)がこの料理に感銘し、ベーコンとトーストをハムとイングリッシュ・マフィンに替えて、ホテルの朝食とランチのメニューに採用したとのことです。

また、1967年9月の『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』(The New York Times Magazine)のコラムでは、フランスに移住したアメリカ人、エドワード・P・モンゴメリー(「赤毛のアン」の作者)からの手紙が紹介されていて、モンゴメリーは、この料理は1920年に86歳で亡くなった銀行家でヨット乗りのイライアス・コーネリアス・ベネディクトが作ったと述べています。
モンゴメリーはまた、イライアスの友人である伯父から母が受け取ったとするエッグベネディクトのレシピを一緒に送っています。

greengables

赤毛のアンの家(プリンスエドワード島・カナダ)

モンゴメリーの主張に対し、1967年11月にマサチューセッツ州ヴェニヤード・ヘブンのメーベル・C・バトラーは、『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で「ル・グラン・ベネディクト夫人にまつわる周知の真実」として彼女が考案者であると述べています。

アメリカが発祥ということは間違いないですが、一体どれが本当なのでしょうか。
誰が始めてくれたとしても、こんなおいしい料理を作ってくれたことに感謝です

こんなグルメが楽しめる、アメリカをぜひ訪れてみてください。

プチ情報
エッグベネディクトに欠かせない食材「オランデーズソース」(Hollandaise sauce)。実は、フランス高級料理の5つの基本ソースのひとつなんです。

hollandaisesauce

アスパラガスのオランデーズソースがけ

バターとレモン果汁を卵黄を使用して乳化し、塩と少量の黒コショウまたはカイエンペッパーで風味付けしたもので、オランダのソースを模したことでこの名前がついたと言われています。

ウォルドルフ アストリア ニューヨーク (Waldorf Astoria New York)

ウォルドルフ アストリア ニューヨーク (Waldorf Astoria New York)

 

↓↓↓↓↓映画「ゴッドファーザー」などの舞台にもなったウォルドルフ アストリア ニューヨーク↓↓↓↓↓

301 Park Ave, New York, NY 10022 アメリカ合衆国

関連記事

  1. sakura_eye

    2017-9-20

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】11. 仁王立ちの桜(宇陀市・奈良県)

    日本一絵になる桜!「槍の又兵衛」の異名を持ち、大阪夏の陣で討死にした戦国時代の武将「後藤又兵衛」。 …
  2. gajumaru_eye

    2017-9-19

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】10. ガジュマルの妖精(沖永良部島・鹿児島県)

    100年以上も子どもたちを見守ってきた樹!日本一大きい『ガジュマル』は、沖永良部島の国頭小学校の校庭…
  3. festival_eye

    2017-9-17

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】9. 光あふれる春節の夕べ(長崎市・長崎県)

    街中を彩る極彩色のランタン!『長崎ランタンフェスティバル』は、夜景で有名な長崎の街の冬空をいっそう輝…

ピックアップ記事

  1. sakura_eye
  2. gajumaru_eye
  3. festival_eye

注目記事

  1. castle_eye

    2017-9-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】2. 鳥取城(鳥取市・鳥取県)

  2. Fujien_eye

    2017-9-5

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】1. 河内藤園(北九州市・福岡県)

  3. pastilla_eye

    2017-8-26

    【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【70】フェズのパスティラ(モロッコ・アフリカ)

ページ上部へ戻る