【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【7】韓国のヘジャンク(韓国・アジア)

hejanku_eye

二日酔い解消にはこれ!ヘジャンク ~韓国~

汗が大量に吹き出す激辛スープ!

これはあくまでも一般的な話ですが、韓国人の友人や知り合いを訪ねると、まず食事とアルコールで歓迎してくれます。
何でも少量であることは、彼らのもっとも嫌うこと。無理強いするところなども含めて、ちょっとイタリア人に似ているかも。
「さぁ、もっと食べてください。もっと、もっと!」
歓迎の気持ちもわかるし、とてもうれしいことなのですが、時にはちょっと困ってしまうこともあります

アルコールについても同じ。断りづらかったり、「そんなことを言わずに・・・」という言葉についつい飲み過ぎてしまい、翌日二日酔いで頭はガンガン、体はフラフラに。。。

そんな朝に食べたい料理が『ヘジャンク』です。
ヘジャンクとは、疲れた胃腸を整え、二日酔いや滋養強壮に効くといわれる牛骨スープのこと。漢字で書くと、「解酒湯」または「解腸湯」となります。ヘジャンクを飲む(食べる?)と、お酒を出してくれる、または腸を解いてくれるということなのです。

hejanku

ヘジャンクには、牛のいろいろな内臓が入っています。そして、豆腐のように血を固めたものと、タップリの干した白菜が入っています。

お店で注文して、出てきたヘジャンクは・・・
味噌仕立てで、黒っぽい素焼き鍋にぐつぐつと煮立っています。それだけではありません。どのお店でも、白菜キムチやチョンガキムチ(大根を丸々漬けこんだキムチ)などのキムチが出てきて、さらに白いご飯がついてきます。それに青い生の唐辛子が数本、白いお皿にのってくるのです。

Korean Kimchi痛い頭を抱え、熱いスープを飲んで、キムチをかじる。
スカラック(真鍮の匙)にご飯をすくって、ヘジャンクにつけて食べます。

とにかく熱い!汗が~
でも、濃厚な牛骨スープと具材からしみ出した旨みがとてもマッチして、アツアツうまうまです
ヘジャンクは牛骨スープがベースのため、辛さが足りない場合は、お好みで唐辛子を追加して楽しみます。
追い打ちをかけるように、青唐辛子をかじります。そうすると口の中がかっと熱くなり、さらに汗、汗、汗。。。
体にたまっていた水分が汗になって、どっと流れ出るのです。二日酔いにはピッタリでしょ?

こんなグルメが楽しめる、韓国をぜひ訪れてみてください。

青唐辛子

青唐辛子

プチ情報
ヘジャンクは韓国では一般的な家庭料理で、食べる人の健康を願うお母さんが作る、胃腸にやさしいスープ。
韓国では朝から営業しているヘジャンク専門店もたくさんあり、お酒を飲みすぎた翌朝は、ヘジャンクを食べて出社する人もいるんだとか。
ヘジャンクにはいろいろ種類があり、「もやしヘジャンク」やスケトウダラが入った「ファンテヘジャンク」、牛肉の血のカタマリが材料の「サンジヘジャンク」、など具材によりバリエーションもいろいろ楽しめます。
日本の韓国料理のお店では裏メニューになっている場合もあるようなので、メニューになくても「ヘジャンクありますか?」と聞いてみてください。

ソウルの繁華街明洞(ミョンドン)

ソウルの繁華街明洞(ミョンドン)

↓↓↓↓↓ソウルでもっとも人気のあるエリア明洞(ミョンドン Myoengdong)↓↓↓↓↓

大韓民国 ソウル特別市 チュン区 ミョンドン

関連記事

ピックアップ記事

  1. kansai_hotel_15
  2. retro_eye

注目記事

  1. couple_eye

    2021-4-13

    1泊2日カップル旅で行きたい💖【日本国内のおすすめ観光スポット14選】

  2. luxury_eye

    2021-4-6

    【完全保存版】日本全国「大人贅沢な宿」47選!今こそ、極上体験を。

おすすめ記事

  1. world_groumet_eye
  2. yokohama_eye
ページ上部へ戻る