旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ㊻イェティ マウンテン ホーム コンデ (ネパール コンデ)【永久保存版】

%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%87%ef%bc%91

イェティ マウンテン ホーム コンデ  Yeti Mountain Home Kongde

ネパールの世界最高峰・エベレストの標高4250mに位置するマウンテンロッジです。

コンセプトは伝統的なシェルパ族がもたらす心のこもったおもてなしです。

全ての部屋からは壮大な山々が連なるエベレストの眺望が楽しめ、
世界一リッチな風景が見られるロッジとして名高い。
%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%87%ef%bc%92
ロッジの部屋は全て天然木の質感を生かした温もりが感じられる空間で、
電気マットや毛布も完備しているので、快適なロッジ生活を満喫できます。
%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%87%ef%bc%95
複雑な模様とカラフルなオリエンタル柄で飾られたインテリアが印象的なレセプションホールなど、
館内の至る所に美しいシェルパ族の伝統模様が取り入れられています。

シェルパ族のライフスタイルに現代の快適性を取り込んだ、全14室の客室には、
書斎デスクやシャワーを完備で、フロントでヘアドライヤーの貸し出しもあります。
%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%87%ef%bc%93
ホテル内には、自家菜園で作ったオーガニック野菜を使った料理やワインが味わえる
レストランやバーがあるほか、ルームサービスも受けられ、
ロッジとは思えない贅沢な時間が堪能できます。

標高が高いので、高山病になることもあり、食べすぎや深酒には注意が必要です。

Kongde ネパール

【イェティ マウンテン ホーム コンデ (ネパール コンデ) への行き方・アクセス】

「イェティ マウンテン ホーム コンデ」は、エベレストのネパール側登山口として利用される
ルクラ村のコンデの丘にあります。

日本からまずはネパールの首都・カトマンズを目指しますが、直行便はありませんので、
インドのデリーやタイのバンコク、マレーシアのクアラルンプール、シンガポールなど
アジアの主要都市で乗り継いで、カトマンズへ向かいます。

カトマンズにて乗り継いで、ルクラ村近くのテンジン・ヒラリー空港へ(所要時間:約30分)
そしてコンデの丘にある「イェティ マウンテン ホーム コンデ」を徒歩で目指します。

テンジン・ヒラリー空港(ルクラ村)からは、もうエベレスト登山・トレッキングの世界なので、
通常、パクディンなど途中の村やテントで宿泊して、
標高4,250mのコンデの丘を2・3日かけて目指します。
ルクラ村から「イェティ マウンテン ホーム コンデ」へは、
ヘリコプターで直接行くこともできます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ajisai_eye
  2. shikoku_eye

注目記事

  1. 台湾 グルメ

    2021-6-24

    コロナが落ち着いたら絶対行きたい!【台湾でやってみたい7つのこと】

  2. rotenburo2021_eye

    2021-6-18

    【オススメ!全国最新露天風呂付き客室7選】二人だけの極上空間でまったり♨

おすすめ記事

  1. cotito ハナトオカシト
  2. tokyo_hanabi_eye
ページ上部へ戻る