【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】65.ポツダム、ベルリンの宮殿と公園(ドイツ・ヨーロッパ)【動画あり】

Sanssouci_eye

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(Palaces and Parks of Potsdam and Berlin) ~ドイツ~

歴代のプロイセン王による宮殿・庭園!

今回、ご紹介する世界遺産は、旧西ベルリンと旧東ドイツのポツダムに残る150棟もの宮殿と500万ヘクタールにおよぶ公園群です。ポツダムは第二次世界大戦時に「ポツダム会談」が行われたことでも知られていますよね。

これらは、18~19世紀にかけてプロイセン王国の君主たちが築いたもので、周囲の自然とうまく調和して美しい景観を形成しています。その姿は「芸術的」という言葉がピッタリです。

Sanssouciなかでも、ドイツ・ロココ建築の傑作と謳われる『サンスーシ宮殿』は必見
この夏の離宮は、プロイセン時代の18世紀、フリードリヒ2世が「ベルサイユ宮殿に匹敵する、ロココ調の宮殿を!」と命じて建造されたもの。
ガラス張りの温室が階段状に連なり、噴水が調和する立体的な庭園がみごとです。

Sanssouci_2

サンスーシsans souci)とはフランス語で「憂いなし」という意味だそう。
6つの階段式ブドウ畑を上った正面に横たわる平屋造りの建物は執務室兼寝室、大理石の間、図書室、ゲストルームなどから成り、約40分間のガイドツアーで見学することができます。

広大な敷地のサンスーシ公園には、ほかにも新宮殿シャルロッテンホーフ宮殿、オランジュリー(温室)などが点在しています。
後期バロック様式の新宮殿は部屋数200以上もあり、こぢんまりとしたサンスーシ宮殿とは好対照な姿です。

シャルロッテンホーフ宮殿(Schloss Charlottenhof)

シャルロッテンホーフ宮殿(Schloss Charlottenhof)

サンスーシ宮殿を皮切りにして、ポツダムとドイツの首都ベルリンに歴代のプロイセン王によって、宮殿や庭園が次々と建てられていきました。

プロイセン時代の歴史を伝える!

ベルリンの北西には、第二次世界大戦の戦火から免れた、夏の離宮『シャロッテンブルク宮殿』がプロイセン時代の栄華を今に伝えています。

Charlottenburg

ここでは、無数の中国磁器や景徳鎮が展示された「ポルツェランの間」が見もの。

Porcelain room

このように、ベルリンやポツダムは「サンスーシ宮殿」や「ツェツィーリエンホーフ宮殿」など、歴史的にも重要な役割を担った宮殿が多く残っています。
これらの宮殿群や公園群は、ドイツが辿ってきたプロイセン時代の歴史を現代に伝える、貴重な建造物となっています。

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(ドイツ)」を訪れてみてください。

↓↓↓↓↓ドイツに関連する記事はコチラ!↓↓↓↓↓
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【17】ドイツの地ビール(ドイツ・ヨーロッパ)
【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】9.美しいメルヘンの街ブレーメン(ドイツ・ヨーロッパ)【動画あり】
【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】21.圧倒される大迫力 ケルン大聖堂(ドイツ・ヨーロッパ)【動画あり】
【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】41.バイエルンの真珠 バンベルク(ドイツ・ヨーロッパ)【動画あり】

知らなきゃソン!旅のヒント
ポツダム
は、ベルリンの隣り街。列車で30~40分で行けるので、ベルリン滞在中に日帰り観光も可能です。
ここでは、列車でベルリンベルリン中央駅(Berlin Haptbahnhof)からポツダム中央駅(Potsdam Haptbahnhof)へ行く方法をご紹介しましょう。

【郊外列車 DB Regio】
Regioというドイツ国鉄を利用する方法で、一番早く行くことができます。いくつか路線番号がありますが、Regio 1 (RE1)と表示された赤い列車に乗車すると間違いありません。

Regioは駅間距離が長く、ベルリン中央駅からポツダム中央駅まで30分ほど(その間わずか4駅ほど!)で到着します。ただし、列車の本数が少ないので、事前に列車時間を調べておきましょう。
・DB Regio 公式サイトURL: https://www.bahn.com/en/view/index.shtml

【近郊列車Sバーン】
Sバーン(近郊列車)の7号線に乗って、ベルリンからポツダムまで行くこともできます。
この列車は、停車駅が多いので所要時間は45分くらいかかってしまいますが、列車の本数が多い(10分間隔くらい)ので、ちょうどいいRegioがない場合はこちらがオススメです。
・S bahn 公式サイトURL: http://www.s-bahn-berlin.de/en

サンスーシ宮殿

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る