【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】92.フォンテーヌブロー宮殿(フランス・ヨーロッパ)【動画あり】

Fontainebleau_eye

フォンテーヌブロー宮殿と庭園(Palace and Park of Fontainebleau) ~フランス~

ナポレオンも愛した宮殿

フォンテーヌブロー宮殿』は、パリの東南57キロメートルの
フォンテーヌブローの森」の中にある、ルネサンス様式の宮殿。
金色に輝くナポレオン鉄柵から中に入ると馬蹄形階段が姿をあらわします。

その前面が「別れの中庭」で、退位しエルバ島に送られるナポレオン
近衛兵に別れを告げた場所です。

Fontainebleau_1

フォンテーヌブロー宮殿』はフランスで最も大きな宮殿で、
12世紀頃に城館が建てられたのが始まり。
その後、数世紀にわたって宮殿には歴代の国王たちの居城となり、
それぞれが自分の好みに応じて、増改築を繰り返してきました。
そのため、始まりはフランス国内最大のルネッサンス様式の宮殿ですが、
様々な時代の建築様式が混合する今日の形となりました。
この宮殿は、『フォンテーヌブロー城』(Château de Fontainebleau)とも呼ばれます。

フォンテーヌブロー宮殿と庭園』がある「フォンテーヌブローの森」は、
パリから車でで1時間ほどで行けちゃいます。
もともと王の狩猟場として利用されていた広大な森で、その森にあった質素な館を
16世紀にフランソワ1世が基本的な建築構図をうちたて、宮殿をつくりました。

フォンテーヌブロー宮殿』は、ナポレオンが好んで滞在した宮殿としても
知られていて、ナポレオンはその宮殿の豪華な装飾を
これこそまさに王の宮殿なり」と称賛しました。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る