【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】40.世界最大の砂の島 フレーザー島(オーストラリア・オセアニア)【動画あり】

FraserIsland_eye

フレーザー島(Fraser Island) ~オーストラリア~

世界一ともいわれる透明度を誇る湖の水と真っ白な砂の美しいコントラスト!

『フレーザー島』(Fraser Island)は、ブリスベン(Brisbane)の北200キロメートルほど、フレーザー・コースト(Fraser Coast)(クイーンズランド州)のハービー・ベイ(Herver Bay)からフェリーですぐのことろにあります。砂でできた世界最大(長さ123キロメートル、幅25キロメートル、面積1840平方キロメートル)の島です。

FraserIsland

果てしなく広がる砂丘は風紋が美しく、砂丘は時間につれ赤茶、オレンジ、黄へと色を変えます。

ユーカリやシダなど亜熱帯雨林が砂丘の上に群生しているのは、世界でもここだけです。

SandyCape

この島には、砂だけでなく緑と水にめぐまれた豊かな自然の姿が存在しています。約4万年前の姿を、そのままにとどめた環境の中には、さまざまな野生動物たちが暮らしています。耳を澄ませば約240種といわれる野鳥の声が響きわたり、森林を訪れれば、ディンゴやハリモグラ。海では、ジュゴンやイルカ、ウミガメに気軽に出会うことができます。そんな自然の豊かさから、先住民のアボリジニ達は、この島を彼らの言葉でパラダイス(楽園)を意味する「ガリ」(またはグリ)(K’Gari)と呼びました。その名のとおり、この島は、ゆっくり滞在して楽しみたい自然の作り出した芸術的な光景にあふれています。

dugong

砂で水が浄化され、生き物が一切棲んでいないため、世界有数の透明度を誇るコバルトブルーの「マッケンジー湖」(Lake Mckenzie)(淡水湖)など40もの透き通った砂丘湖が点在しています。エリー川など透明な川はいくつも流れているのも不思議な光景です。

Lake Mckenzie

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「フレーザー島(オーストラリア)」を訪れてみてください。

知らなきゃソン!旅のヒント
フレーザー島は、ザトウクジラにとっても楽園!
毎年、北の暖かい海で出産を終えたザトウクジラ達が南極へと戻っていく途中、その体を休めに立ち寄る穏やかな海なのです。
ホエールウォッチングのシーズンは、8月~10月中旬の約2カ月半。沖合をザトウクジラが回遊する姿を見ることもできます。

whales

シーズンの最初は、体力のある好奇心旺盛なオスのクジラが一行に先立ってプラティプス湾に到着します。
通常は、7月後半からやってくるクジラですが、8月になるとその数も増し、安定して姿を見ることが出来ます。そして、 9月に入るとそろそろ親子クジラも、目撃されるようになります。

いつどこでクジラを見ることができるかは誰も保証できないものの、ハービー・ベイでのホエールウォッチングの実績は、かなり高い確率でザトウクジラに遭遇できているのだとか。シーズンにフレーザー島へお出かけの際は、ぜひホエールウォッチングにチャレンジしてみては?

フレーザー島

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る