【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】69.マラケシュ(モロッコ・アフリカ)【動画あり】

Marrakech_eye

マラケシュ旧市街(Medina of Marrakesh) ~モロッコ~

広場のパフォーマンスが楽しい

今回、ご紹介するのはモロッコのほぼ中央、サハラ砂漠の西方に位置するオアシス都市『マラケシュ』(Marrakesh)。
ベルベル語で「神の国」を表す『マラケシュ』は、その美しさと貴重さをもって「南の真珠」とも称されています。

マラケシュは、11世紀後半、最初のイスラム国家ムラービト王朝の都と定められ、商業・経済・学問の中心として栄華をほしいままにしてきました。
そのマラケシュの旧市街は、北アフリカ最大の城壁(高さ5メートル、厚さ2メートル、総延長12キロメートル)で囲まれ、狭い路地がクモの巣のように広がっています。
クトゥビーヤ・モスク(Koutoubia Mosque)には、モロッコで最も美しいといわれるミナレット(高さ77メートル)(Minaret)がそびえています。

Marrakeshその他、豪華絢爛なバビア宮殿サアード朝の墳墓群などの観光スポットがありますが、最大の盛り上がりを見せているのは「お祭り広場」ともいわれるジャマ・エル・フナ広場Jemaa el-Fnaa
毎日がまるで日本の縁日のよう。大道芸人たちが一堂に会し、民族舞踊あり、占い、曲芸ありで、昼も夜も動けないほどの混雑。食べ物の屋台もたくさん出ていて、1日中楽しめます。

この広場はかつて公開処刑場だったのですが、ヒッチコックの名作のひとつ「知りすぎていた男」のロケが行われたことでも有名です。

Jemaa el-Fnaa

広場の外側は、もうひとつの名物、世界最大級のスーク(市場)(souq)につながっています。

曲がりくねった暗くて細い路地が縦横無尽に広がるスークは、たくさんの店がひしめく巨大マーケット。
食料品や日用品はもちろん、絨毯や金銀細工・陶磁器・お土産などあらゆる商品が所狭しと並べられています。
お店も商品も迷路のように雑然としていますが、色彩あふれる姿はまるで万華鏡のようで、あっという間に時間が過ぎます。

souq2

しかし、ご注意を
迷路のように入り組んでいるスークを訪れたあと、帰り道が分からなくなって右往左往してしまうことが珍しくないのです

ぜひ、絶景が楽しめる世界遺産の「マラケシュ(モロッコ)」を訪れてみてください。

souq

知らなきゃソン!旅のヒント

先にご紹介した『ジャマ・エル・フナ広場』J(emaa el-Fnaaは、古くは公開処刑場だったといわれています。
広場の名前につけられている「ジャマ・エル・フナ」とは、アラビア語で「死者たちの集会場」を意味しているのです

そんなジェマ・エル・フナ広場は、ヒッチコックの映画「知りすぎていた男」(1956年公開、アメリカ映画)の舞台にもなりました。
これは、モロッコ旅行中の夫婦(ジェームズ・スチュアートとドリス・デイが演じています)と息子が暗殺計画に巻き込まれてしまうサスペンス映画。

一家そろってジェマ・エル・フナ広場で大道芸を見て楽しんでいると、バスで知り合った男性スパイの殺害現場に居合わせてしまい、それをきっかけに、家族は陰謀へと巻き込まれていきます。。。

息子を誘拐されている中、歌手である母(ドリス・デイ)が歌う「ケ・セラ・セラ」はあまりにも有名で、1956年のアカデミー歌曲賞を受賞しました。
この歌は、実は映画のラストへの重要な伏線でもあるのです。

The Man Who Knew Too Much

↓↓↓↓↓モロッコに関する記事はこんな記事もあります!↓↓↓↓↓
▷ 海の国境越え!『ジブラルタル海峡』をフェリーで渡る旅 スペインからモロッコへ
【一度は食べてみたい海外グルメ♪】旅行のプロおすすめ!料理&レストラン100【31】モロッコのスイーツ(モロッコ・アフリカ)
【一度は行きたい!旅行のプロおすすめ 絶景の世界遺産100】20.世界最大の迷路 フェズ(モロッコ・アフリカ)【動画あり】


マラケシュ

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る