【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】6. 白い国のファンタジー(青森市・青森県)

Hakkoda_eye

樹氷の国のモンスターたちがお出迎え!

ロープウェイの山頂駅を降りるとすぐに、ふしぎな白い国が待っています。
八甲田ロープウェイ』は、標高1324メートルの田茂萢岳山頂にあって、
展望台からは360度を見渡せます。

ropeway

この景色を見ると、何だか樹氷の国のモンスターたちが、
「ようこそ、ふしぎの国へ」と出迎えてくれているようにも見えますね。

何しろ八甲田一帯は、積雪量で話題になる酸ヶ湯温泉など、
日本屈指の豪雪地帯です。

「ここは秋に歩いたあの湿原かな?」なんて見渡しても、きっとよくわからないはず。
それもそのはず、その時はまったく知らないファンタジーの世界にいるのですから。

Hakkoda_2

八甲田山に多く植生するアオモリトドマツに、氷と雪がぶつかりながら、徐々に大きく成長し、
やがて『スノーモンスター』と呼ばれるまでの、大きな樹氷になります。

八甲田山の樹氷は、その規模・壮観さ・豪快さにおいて、
蔵王・八幡平をしのぎ、日本一と言えます。
樹氷は1月~2月頃が例年、見頃で、様々な形の樹氷を見ることができます。

その『スノーモンスター』を楽しむ方法のひとつとして、
最近人気があるのが「スノーシュートレッキング」です

スノーシュー」(Snow Shoe)って?と思われた方。
雪の上を楽に歩くための、雪上歩行具のひとつ、
すばり、西洋の「かんじき」のことです。

※イメージ

※イメージ

八甲田のスノートレッキングは、ロープウェー山頂公園駅をスタートし、
山頂駅周辺の樹氷原地帯をスノーシューを装着して、雪と親しみ、遊び、学びながら、
約30~40分散策します。

初めての方でも、大丈夫!
スノーシューを装着すると、簡単に歩くことができるんだそうです。
装着やガイドはボランティアガイドが同行してくれるので、安心して参加できますよ

▶▶ 詳しくはこちら(青森市役所ページ)

snow monsters

★『八甲田ロープウェイ』の住所、行き方・アクセス、営業期間、料金など

  • 住所:青森県青森市荒川寒水沢1-12
  • アクセス:
    【公共交通機関 JRバス】酸ヶ湯温泉経由 八甲田ロープウェー駅前下車
    青森駅から >> 約60分(片道1,100円)
    十和田湖休屋 >> 約125分(片道2,300円)
    ※注意事項
    ①タクシーは常駐していません。
    ②自家用車の場合、11月~4月は交通事故防止の為、スタッドレスタイヤを装着してください。
  • 営業時間:9:00 ~ 16:20(冬季 15:40)
  • 料金:
    大人(中学生以上) > (片道)1,180円(往復)1,850円
    小人(小学生) >(片道)570円(往復)870円 
  • 電話番号:017-738-0343
  • 公式ホームページ:八甲田ロープウェイ
八甲田ロープウェイ

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る