【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】39. うごめく山の屋根(上北山村・奈良県)

namego_eye

まるで天に昇る龍!

いったい、これはどういうことなのでしょう?

見れば見るほど、奇妙な光景です。
山の尾根筋だけが、明らかにまわりとは違います。
何だか生き物がモコモコ動いているようにも見えますよね。

奈良県中央部の山間にある上北山村、標高900メートルの地にある『ナメゴ谷』は、
桜の名所だけでなく、ふしぎスポットとしても知られています。

咲くのは、吉野山と同じ山桜
行者還(ぎょうじゃかえり)林道」と呼ばれる国道309号線のビューポイントには、
この景観をカメラに収めようと、毎年通ってくる人もいるそうです。

namego_spring

撮影スポットは、天川村から上北山村へ抜ける国道309号線、
通称「行者還(ぎょうじゃかえり)林道」の64番カーブ付近なんだそうです。
すぐ目の前に、ナメゴ谷の絶景が望めます。
ただ、この道は急カーブが連続しているので運転にはくれぐれもご注意ください。

ナメゴ谷』は、周辺の山肌のほとんどが常緑の針葉樹で覆われているのに、
山頂や尾根筋だけに桜などの広葉樹が手つかずで残っています。
山火事の時には山頂へと延焼していくので、延焼を防ぐ防火林として
尾根部分だけに水分の多い広葉樹を植えたことから、このようなちょっと変わった光景が見られるようになったのです。

namego_1

このため、ナメゴ谷では季節ごとに移り変わる、素晴らしい姿が楽しめるのです。
は、下から順に咲いていくのがよくわかり、その絶妙な色の変化だけでなく、
常緑の針葉樹とのコントラストがひと際映え、すばらしい光景が広がります。

また、秋の紅葉の時期には、この尾根筋が、何か得体の知れない
うごめく生き物のようにも見えます。
それは、まるで燃えるようなファンタジー
紅葉した樹木が尾根をうねり、龍が登っていくように見えることから
昇り龍紅葉」とも呼ばれるのだそう。

太陽の光の方向の加減で、ナメゴ谷の絶景は午後になると
逆光になってしまうそう。
なので、美しい昇り龍を見るには朝が一番いいそうですよ。

季節ごとにこんな絶景が楽しめる、奈良県のナメゴ谷をぜひ訪れてみてください。

namego_autumn

★『ナメゴ谷』の住所、行き方・アクセス、電話番号、公式ホームページなど

  • 住所:奈良県吉野郡上北山村西原
  • アクセス:南阪奈道路葛城ICから車で国道169号を南下、国道309号へ(約2時間20分)
  • 駐車場:なし
  • 営業時間:周辺自由
  • 料金:周辺無料
  • 電話番号:07468-2-0001(上北山村役場地域振興課)
  • 公式ホームページ:ナメゴ谷 (なら旅ネット<奈良県観光公式サイト>)
ナメゴ谷

関連記事

  1. meta_eye

    2018-1-22

    これぞ絶景!『メタセコイア並木』(滋賀県)

    滋賀県高島市マキノ町の 『メタセコイア並木』は、ただ ひたすらまっすぐに続く2.5キロメートルの並木…
  2. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

    ここはまるで、森のこびとの国のようです。 針葉樹の森がどこまでも続き、遠くに湖の水面が光る。 ところ…
  3. shinsekai_eye

    2018-1-19

    これぞ ザ・大阪!『新世界』(大阪府)

    今回、ご紹介するのは大阪『新世界』エリア。 『新世界』は、近くに「通天閣」や「スパワールド」が建ち、…

ピックアップ記事

  1. meta_eye
  2. fushimiinari_eye
  3. Gorah_eye

注目記事

  1. Kolarbyn_eye

    2018-1-20

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】12. 炭焼夫の小屋 ~Kolarbyn・スウェーデン~

  2. Lindenwirt_4

    2018-1-11

    必見!世界のとっておき【可笑しなホテル20軒】9. ワイン樽の宿 ~Hotel Lindenwirt・ドイツ~

  3. Tanize_eye

    2018-1-10

    スリル満点の空中散歩!『谷瀬の吊り橋』(奈良県)

ページ上部へ戻る