旅行のプロが選ぶ 世界のベストホテル100選 ⑩ウメイド パワン パレス(インド ジョードプル)【永久保存版】

%e3%82%a6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%91

ウメイド バワン パレス Umaid Bhawan Palace

「ウメイド バワン パレス」はインドに数あるマハラジャのお城の中でも、群を抜く存在感を誇ります。

トリップアドバイザーの世界中の旅行者の口コミで選ぶ「トラベラーズチョイス2016」でも、
ベストホテル部門で見事世界1位となったのが、「ウメイド バワン パレス」です。

イギリス人の建築家の設計で、この地方の伝統的なスタイルに西洋的な要素を取り入れた斬新なデザインで、
外観だけでなく内部の装飾も素晴らしいです。
%e3%82%a6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%92
インド西部ラジャスタン州には昔から多くの藩主(マハラジャ)がおり、
それぞれがその力を誇示するように、自らの居城を建てていました。

ジョードプルの藩主ウメイド・シンもその一人で、
15世紀に建設された古い城の代わりに建てたのがここで、
比較的新しく1928年から15年の歳月をかけて建てられました。
%e3%82%a6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%94
この頃、この地域では、ひどい干ばつが続いており、
主に農業で暮らしていたこの土地の人々は困窮に喘いでいました。
新しい城の建設は、多くの人に仕事を与え、
この工事で救われた人は、
今でもこの城の一画に暮らすマハラジャ一家に深い尊敬の念を抱いているといいます。

ホテル内には、マハラジャの収蔵品が博物館として展示してあったり、
スカッシュコートやビリヤードなど、
かつてマハラジャが使っていたものをゲストは利用することができます。
%e3%82%a6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%93
この巨大な建物の中に、客室は64室のみで、
広々とした室内はシンプルなインテリアで統一されており、
煌びやかなマハラジャのイメージはありませんが、
上質な大人の落ち着いた雰囲気のホテルです。

【ウメイド バワン パレス(インド ジョードプル) 動画】

Umaid Bhawan Palace

【ウメイド バワン パレス(インド ジョードプル) への行き方・アクセス】

日本からジョードプルへの直行便はないので、日本からデリーまたはムンバイまで行き、
デリーから鉄道(1日1便)で、ムンバイからは国内線(1日1便)に乗り継いで行くことができます。
その他、インドの各都市からは、ジャイプールから週1便、ウダイプールからは週2便、
国内線が飛んでいます。
バスはインドの各都市から多くの路線が運行しており、
ジャイプール・ウダイプール・ジャイサルメールなどの都市から毎日行くことができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. himeji_eye
  2. Los Glaciares_eye
  3. aso_eye

注目記事

  1. asuka_eye

    2017-11-9

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】47. ハラハラ ドキドキの瞬間(クルーズ客船・横浜)

  2. utsukushigahara_1

    2017-11-8

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】46. 2000m超えの大きな展望台(松本市・長野県)

  3. daikon_eye

    2017-11-6

    【一度は行きたい!心ひかれる日本の絶景 50】44. 冬だけの白いオブジェ(宮崎市田野町・宮崎県)

ページ上部へ戻る