ドバイ観光するならここ絶対に押さえていきたい!ドバイの人気&おすすめスポット50選

ドバイ2

ドバイにはとても魅力的な観光スポットがたくさんあるんですよ。
このアラブ首長国連邦に属する有名な大都市は、
テレビ等のいろんなメディアでも頻繁に取り上げられるので、
砂漠の中に最先端の超高層ビルが立っているちょっとユニークな光景を、
きっと見たことがあるのではないでしょうか?

そのため、ゴージャスな場所というイメージを真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれません。

現在も開発は引き続き進められており、
すごいスケールの近代的なレジャー施設がどんどん生まれています。

ドバイ3

様々な遊び方ができる旅先として、日本でも年々人気が高まっていますが、
今回はその中で特におすすめの情報をまとめてみましたのでご参考に

ドバイの観光スポットを満喫しよう

ドバイ4

1.不思議空間「ドバイ・メトロ」に乗ってみよう

dxb_1

まるで深海にいるかのようなドバイ・メトロ駅!シャンデリアはもしかしてクラゲ…?
ドバイ5

ドバイの主要観光スポットへは、ほとんどメトロで行けます。
駅や車内も十分見どころにあふれているので、ぜひドバイ・メトロを体験してみてください。
駅の仕組みは日本の地下鉄と新幹線が融合したような感覚です。

ドバイ・メトロは2009年に開通されました。
実はこの地下鉄、日本の三菱重工業・三菱商事・大林組・鹿島建設とトルコのYapi Merkezi社の計5社によって作られたんです。また「世界一長い無人運転の電車」としても有名なのですが、このシステムも日本の技術なんですよ。

2.モール内にある世界一美しいスタバ

dxb_2

まるで宮殿のような内装に、広々とした座席。まさしく世界一美しいといわれるスタバです。
イブン・バットゥータ・モールの中にありますよ。
人生に一度はこんな場所でコーヒーをのんびり味わってみたいものですね。
とはいえ、値段は大体一緒なので安心です。

スタバといえば街中のどこでも見かけられ、
いつでも気軽に美味しいコーヒーやラテを飲めるといったイメージでしたが、
一掃されてしまうほど豪華です。

開放感バツグンのドーム型の天井とエキゾチックな雰囲気は圧巻です。

3.時間をとって訪れたい「ドバイ博物館」

この地域独特の土壁で作られているドバイ博物館も見どころの一つです。
ドバイの地域の歴史や伝統を学べるのは日本人にとっては非常に新鮮でしょう。
あまり身近な地域ではないだけに新しい発見がたくさんあるはずです。

1780年代、日本でいえば江戸時代に建造されたドバイ最古のアル・ファヒディ砦の一部を改修して造られました。
釣りや真珠採りを主に行ってきた小さな国から、
どのようにして現在の世界有数の近代都市になったか知ることができます。

『ドバイ博物館』の住所、行き方・アクセス、営業時間など

  • 住所:Opp. Grand Mosque – Al Fahidi St
  • アクセス:Al Fahidi駅から徒歩10分
  • 営業時間:8:30~20:30(金曜日は14:30~)
  • 電話番号:+971-4-3531862
  • 公式サイトURL:Dubai Museum & Al Fahidi Fort

ページ:

1

2 3 4 5 6 7

関連記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは『有馬温泉』。 大阪や京都、神戸から日帰りで行くこともでき…
  2. amanohashidate_eye

    2018-4-16

    ちょっといいところ関西 『天橋立』【動画あり】~天に架かる橋~(京都府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 日本三景のひとつ、京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋…
  3. building_eye

    2018-4-9

    ちょっといいところ関西 『ガスビル食堂』~ちょっと大人なレストラン~(大阪府)

    今回ご紹介する、関西のちょっといいところは 大阪の同じ場所で、伝統と歴史を守り続けているレストラン …

ピックアップ記事

  1. amanohashidate_eye
  2. kasuga_eye
  3. Sasayama_eye

注目記事

  1. arima_eye

    2018-4-19

    ちょっといいところ関西 『有馬温泉』~太閤ゆかりの名湯~(兵庫県)

  2. skybuild_eye2

    2018-3-20

    大阪のランドマーク『梅田スカイビル』ってこんなところ!【番外編】

  3. cruise_eye

    2018-3-5

    神戸の魅力を再発見!遊覧船 『神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー』のおすすめ情報

ページ上部へ戻る